Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「消費の中心地」原宿で、ゴミを出さない活動を“服好きの若者“が始めた理由

配信

ハフポスト日本版

渋谷と原宿をつなぐ約1kmほどの裏通り、キャットストリート。個性的なショップやレストランがひしめくこの通りを拠点に、「ゼロウェイスト」を発信する活動家がいる。コミュニティ「530(ゴミゼロ)」の代表の中村元気さんだ。 ゼロウェイストとは、ごみをどう処理するかではなく、ごみ自体を生み出さない工夫をしようという考え方だ。 「トレンドが集まる原宿はまさに『消費の中心地』。でも裏を返せば、ごみの問題を考える上で象徴的な街でもあります。なぜなら、ごみをたどっていけば、そこには必ず消費があるから」。中村さんは、この街からゼロウェイストを発信する意味をこう語る。 多様な人が共存する原宿。この街でいかに地域全体を巻き込んで、ごみを出さない循環経済を作っていけるか。持続可能な社会のあり方が模索されている現代、地域コミュニティのあり方、そして私たち一人一人に求められることとは。中村さんに聞いた。

服好きの若者が知った、「服」の裏側にある真実

「古着好き」がきっかけで、キャットストリートに通うようになった中村さん。消費やごみに関心を持つようになったのも、服が入り口だった。 「大学時代、ファッションが社会に与える影響を初めて学びました。服を作るために大量の水や農薬が使われ、汚染水や二酸化炭素が排出されている場合があること、そして生産過程において劣悪な労働環境を強いられている人たちがいるかもしれないこと…。そんな事実を全く知らぬまま“服好き”を語っていた自分が、いかに浅かったかと知りました」 自分の小さな消費行動が実は、社会問題のスタートになっている。そんな気付きから消費、そしてその先のごみ問題に目を向けるようになった。 その後、キャットストリート周辺のごみ拾いからスタートさせた活動が、コミュニティ「530」に発展。今では活動は地域にとどまらず、企業や行政とも連携する。最近では、フードロス削減のためにパンの耳を使ったビール「bread beer」の商品企画に関わったり、ごみ問題に取り組む企業のサポートなども行なっている。

【関連記事】