Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大人気のSIMシリーズの追加モデル「SIM MAX-D」は「SIM MAX」とどう違う!? ギアオタクが打ち比べた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

高い人気を集めるテーラーメイド「SIMシリーズ」に、新たなナインナップ「SIM MAX-D」ドライバーが追加された。よりつかまり性能を高めたというが、いかほどのものか。ギアオタク店長ことクラブフィッター・小倉勇人が、SIM MAXと打ち比べてその性能をたしかめた。

従来モデルの持ち味を維持しつつ、つかまりが向上

今年の年2月7日に発売され、上半期のクラブ売り上げ記録でウッド類の1位を総ナメにしたテーラーメイドのSIMシリーズ。クラブの性能はもちろん、使用プロの活躍やデザインなども市場に大いに評価された結果だろう。

そんなスタートダッシュを決めたSIMシリーズだが、さらにそのポジションを盤石とするべく早くもドライバーに追加モデルを導入してきた。それがSIM MAX-Dだ。

SIM MAX-Dドライバーは、ほかのSIMシリーズよりもフェースを大型化し、ヒール側にウェートを搭載することでつかまり性能を高めた仕様になっている。 なぜ売れている中での追加モデルを導入するのか、また実際の性能はどうなのかをクラブフィッターの小倉氏に試打、分析してもらった。

「SIMシリーズのドライバー、とくにSIM MAXは直進性が高く、低スピンの弾道が打ちやすいので曲がりにくく、飛距離の出やすいクラブとして市場で高く評価されていました。その反面、一部からボールがつかまえきれないという声も聞こえていました。SIM MAXのヘッドが直進性を高めるため、ヘッド左右慣性モーメントを高めた仕様になっているからです。ヘッド左右慣性モーメントが高いとスウィング中のフェースローテ―ションが大きいゴルファーは、フェースをインパクトでスクェアに戻しきれないことが増えてしまうんです」(小倉氏、以下同) SIM MAXは低スピンのボールが打ちやすいのでスライス系の弾道でも飛距離は得やすい。とはいえ、アマチュアにとってつかまらないドライバーは怖さを感じるもの。そこで、SIM MAXと同等の飛距離性能を持ち、なおかつつかまりの良いモデルとしてSIM MAX-Dが投入されたわけだ。 モデル名に付く「D」とはドローバイアスの頭文字で、ネーミングからもつかまりを意識していることが分かる。実はこのDが付くつかまりのいい兄弟モデル、米国では「Mシリーズ」などの過去モデルにもラインナップされていたのだが、日本では未発売という状態だった。それが今回、SIMシリーズで初めて日本市場でも発売されたというわけだ。

【関連記事】