Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

激突!! 発売直後受注殺到ダイハツタフトvs.ハスラー 熱き軽SUV販売戦線 仁義なき戦い

配信

ベストカーWeb

    6月10日に発売した新型軽クロスオーバーSUV「ダイハツ タフト」が、好調な滑り出しを見せている。 【画像ギャラリー】軽SUV戦線に熱い火花!! 新型タフト対ハスラー 画像で対決!    月販目標を4000台に設定したのに対して、発売1か月後の受注台数はその4.5倍にあたる約1万8000台に達している。流通ジャーナリストの遠藤徹氏によれば、7月中旬現在の納期は3か月待ちの10月中旬となっており、今後は月販5000台以上のペースで売れ続ける見込みとのこと。   タフトは、従来のキャスト・アクティバ/スポーツの後継モデルとして登場。よりSUVコンセプトに寄せた新型車で直接のライバルはもちろんスズキの「ハスラー」である。   新型タフト、ハスラーそれぞれの販売現場では早くも熾烈な争いが始まっているのか? 遠藤徹氏が足で稼いだ最前線の最新情報をもとに解説。  文:遠藤徹 写真:平野学、DAIHATSU

新型タフトの登場で競合激化もハスラー陣営に相乗効果も

    こちらも2019年12月24日にフルモデルチェンジして2代目にバトンタッチし、好調な販売のスタートを切っている。今年1~6月の月販平均台数は6236台で前年同期に比べて25.9%もの大幅な増加。このコロナ禍にあっては大健闘といえる。   6月における軽自動車の銘柄別月販ランキングではN-BOX、スペーシア、ルークスに次いで4位に浮上している。なんとダイハツのタントよりも販売台数が多いのである。7月中旬現在の納期は約2か月でフルモデルチェンジ後7か月以上が経過しているモデルにしては好調といえるだろう。   タフトVSハスラーの販売現場での戦いはすでに始まっている。   首都圏にある某ダイハツ正規代理店の営業マンによると「新型ハスラーとはよく競合し、取ったり取られたりの状況が頻繁に発生している。このほかスズキ車ではアルト、アルトラパン、ワゴンRからの代替えが目立つ」とVSハスラー中心の対決ぶりをコメントする。   スズキの正規代理店やアリーナ店の営業マンも「タフトが発売になり、競合のケースが目立って増えている。ただ、ダイハツ車のムーヴ、キャストからの乗り換えも多いので、ハスラーにとっては困ることはない。むしろ相乗効果で販売が加速状態にあるので、タフトの登場は歓迎である」といった受け止め方をしている。

【関連記事】