Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無観客レースが続く陸上界、箱根駅伝は正月開催できるのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VICTORY

 新型コロナウイルスの影響で、多くのスポーツイベントが”通常開催”できていない。延期や中止に追い込まれている大会があれば、無観客もしくは観客数を大幅削減したうえで行われているものもある。では、学生スポーツで最大の人気を誇る箱根駅伝はどうなるのか。陸上競技の大会は主催者が異なることもあり、各レースの開催状況は様々だ。

■インカレは参加人数を制限、出雲駅伝は中止の判断

 まずは9月以降に行われる注目大会の状況をチェックしてみたい。9月11~13日の日本インカレは長距離種目(5000m、1万mなど)を記録上位25人にするなど参加人数を制限したうえでの無観客開催となった。6月下旬から10月1~3日に延期された日本選手権(長距離種目以外)は観客を受け入れるが、開催地の新潟県在住者限定で各日2000人に制限する。  ロードレースでいうと学生三大駅伝のひとつである出雲駅伝(10月11日開催予定だった)は7月末に中止が発表されている。大会を主催する出雲市によると、「選手、スタッフ、地元ボランティアの安全確保が困難であると判断した」というのが中止の理由。交通整理員などのボランティアスタッフの大半が65歳以上であることに”危機感”を募らしたようだ。  一方、箱根駅伝の予選会は10月17日に東京・立川市で開催する予定。ハーフマラソンという距離は変わらないが、新型コロナウイルス感染防止対策のため、陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2.6kmの滑走路を周回するコースに変更された(例年は昭和記念公園内や市街地も走る)。そして、無観客で行うという。  11月1日の全日本大学駅伝は開会式と閉会式を取りやめたが、基本的には例年通りの開催となる見通しだ。ただし、今回は開催地域住民の不安を取り除くため、出場チームやその関係者によるコース沿道での”応援自粛協力”が義務付けられている。チームエントリーの際に、「応援自粛協力への同意書」の提出がないと参加は認められない。  なお12月20日に開催を予定していた全国中学校駅伝大会は中止となった。日本中体連は、「地域により流行の差はあるものの全国から一堂に会する大会であり、チームで行動する場面が多いことから感染拡大のリスクが極めて高い」などを中止の理由に挙げている。  選手同士が激しく接触する競技や、屋内でのスポーツは大会開催が難しいのは理解できる。しかし、ロードレースは屋外。観衆の密を避けることができれば、開催は十分に可能なはずだが、これだけ対応が異なっている。

【関連記事】