Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト・高津監督 投手陣に“勝負”指令「逃げ回っているようじゃ絶対に勝てない」

配信

スポニチアネックス

 ヤクルト・高津監督が投手陣にカツを入れた。今季は投手陣の再建を掲げて臨んだが、ここまでチーム防御率はリーグワースト2位の4・96。28日の巨人戦では12失点で大敗しており普段は温厚な指揮官も「打線が活発なチームとやるときに投手が後ろを向いていたり、逃げ回っているようじゃ絶対に勝てない」と厳しく指摘した。  きょう30日から対戦する広島も主砲の鈴木誠が既に5本塁打をマークするなど打線は強力。「やる前からやられることを考えてもだが、同じやられるなら、しっかり自分の投球で攻めてほしい。勝負してほしい」と語気を強めた。現在、借金1で3位・広島と1・5差の4位。26日の巨人戦で4点リードをひっくり返された中継ぎ陣を含めて“攻めの姿勢”を前面に出し、上位争いに食い込んでいく。(黒野 有仁)

【関連記事】