Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ、ニューヨークの被害はなぜ大きいのか-当局者ら要因指摘

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染症(COVID19)によるニューヨーク市の死者数は今週の時点で少なくとも2万1000人に上った。この数はロサンゼルス郡の10倍で、イタリアで最も被害の大きいロンバルディア州の1万6000人をも上回る。英国の人口はニューヨーク市の8倍だが、死者の数は3万7500人前後だ。

明るい兆しも見え始めている。ニューヨーク市のデブラシオ市長は26日の記者会見で、新型コロナの感染拡大は減速しつつあり、6月半ばまでに経済活動再開に着手できる方向にあると語った。

だが、重要な問いが依然残る。ニューヨークの被害がこれほど広がったのは、何が原因なのか。ブルームバーグでは新型コロナ対策に関与した当事者の過去の発言を振り返った上で、専門家や米疾病対策センター(CDC)、市長にこの問いをぶつけたところ、ニューヨークの爆発的な感染拡大を招いた大きな要因として以下の点が指摘された。

1.表口は閉じたが、裏口は開いたままだった

米国は中国の感染者数が少なくとも1万4000人に上っていた2月2日、中国からの入国をほぼ禁止した。だが、欧州からの入国は3月13日まで禁止されることはなかった。その間に、イタリアの感染者は2人から1万5000人余りへと急増していた。

米税関・国境警備局によると、3月13日までの1週間にニューヨーク地域の空港には欧州から約44万8000人が入国した。ニューヨーク州のクオモ知事は4月24日、「米国は中国からの入国を禁止して表玄関を閉めた。これは正しかった」としつつ、「裏口は開けたままだった」と発言した。

新型コロナウイルスの遺伝子変異を調べた米ロスアラモス国立研究所の分析によると、中国から直接持ち込まれたウイルス株はワシントン州で集中的に広がった。だがニューヨークで急速に流行したのは、変異してイタリアで感染を拡大させたウイルス株だった。

2.「地下鉄、バスに乗れ」

【関連記事】