Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロジャー・フェデラー財団が南部アフリカ諸国に100万ドルの支援 [テニス]

配信

テニスマガジンONLINE

 ロジャー・フェデラー(スイス)が自身の財団を通し、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより学校が閉鎖されている間の子供たちとその家族に食事を提供するために100万ドルを寄付すると発表した。 ATPツアー2020表彰写真|PHOTOアルバム  2003年に設立された「ロジャー・フェデラー財団」は、南部アフリカの国々とスイスにおける教育プロジェクトを支援している。 「(アフリカ諸国で)通常提供されている学校給食は多くの場合、子供たちにとって栄養価の高いものです。学校が閉鎖されたため、子供たちはそれを利用できなくなりました。ロックダウン状態にある国で特に貯蓄が十分でない家族にとって、飢餓は大きな問題となっています」とロジャー・フェデラー財団の最高経営責任者(CEO)を務めるジャニン・ヘンデル氏は語った。

【関連記事】