Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石原さとみ、不運続くドラマ現場でピリピリ!共演者のアドリブに言い放った言葉

配信

週刊女性PRIME

「コロナウイルスの影響によるロケ地の変更に続いて、主要キャストで出演予定だった清原翔さんが脳出血で緊急出術。降板を余儀なくされてしまったことで、現場は対応に追われています」(芸能プロ関係者) 【写真】幼い石原さとみ、綾瀬はるかはギャル!? 15年前の“ホリプロ3姉妹”が初々しい  同名の人気コミックが原作で、石原さとみが主演する『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(7月16日~)。  タイトルからもわかるように、病院薬剤師たちの物語のため、都内の病院でロケを行う予定だった。しかし、新型コロナの感染拡大により、埼玉県内の病院にロケ地を変更せざるをえなくなってしまった。 「政府から外出自粛要請が出たことで、その病院でもロケができなくなったんです。もともとメインの薬剤部のシーンはセットでの撮影だったため、薬剤部のシーンを増やしたり、病院内のシーンも極力、テレビ局内の施設で対応することになりました。本来は病院の外観が映り込む屋外でのシーンもありましたが、そこは台本を書き直して、不自然にならないように対応しています」(フジテレビ関係者)  降板した清原の代わりを務めることになったのは、彼がモデルを務めるファッション誌『メンズノンノ』の同期で、友人でもある成田凌。 「清原さんは、石原さん演じる主人公が働く病院の近くにあるドラッグストアに勤務する薬剤師という役どころでした。すでに撮り終えていた部分には登場シーンが少なかったこともあり、清原さんのシーンはすべて成田さんで撮り直すことになりました」(同・フジテレビ関係者)

アドリブに「台本どおりにやって」

 そのため、7月上旬の段階では第1話も完成していないというバタバタなスケジュールの中、座長の石原は少しでもよい作品にしようと集中して撮影に臨んでいるという。 「石原さんは、明確な演技プランを持って撮影に臨むタイプ。また出演者の変更などもあり、スケジュールにも余裕がない状況です。そのため共演者がアドリブを入れてくると、“完璧に演じたいので、台本どおりにやっていただけるとうれしいです”とお願いをするほど、役に入り込んでいますよ」(前出・芸能プロ関係者)  撮影時期がズレこんだため薬剤部副部長役を演じる田中圭は春ドラマ2本に加え、夏ドラマとして放送する『キワドい2人-K2-』(TBS系)の計3本の作品を掛け持ちすることになったが……。 「撮影の合間に“さすがに3本の掛け持ちは大変だよ~”と言いつつ、なぜか顔は笑っていて……。何年も前からオフがあまりない生活を送っているので、田中さんとしてはずっと撮影ができないほうがストレスだったとか。根っからの役者ですよね(笑)。ただ、現在はもともと夏ドラマとして決まっていた『キワドい2人』のほうの撮影を優先しているため、『アンサング・シンデレラ』のスタッフはスケジュール調整で苦労しています」(制作会社関係者)  スタッフにとっては、“新しい撮影様式”の処方箋が欲しいかも?

【関連記事】