Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNAとTBS「マンガボックス」を合弁会社化 電子マンガ事業の強化へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)と東京放送ホールディングス(以下 、TBS)は、DeNAの子会社であるマンガボックスを7月7日に合弁会社化したことを発表した。 マンガボックスはTBSを引受先とする第三者割当増資により資金調達を完了しており、TBSはマンガボックスの株式の49%を取得し、DeNAは同51%を保有する。 マンガボックスは、人気マンガ家の連載作品が読める週刊マンガ雑誌アプリとして2013年12月にDeNAが創刊。 国内電子書籍市場において、現在は20~30代の男女層を中心に利用者数を獲得しており、またIP開発に注力し「恋と嘘」や「ホリデイラブ」など複数のオリジナル作品を生み出しているとのことだ。 一方、TBSでは、「グループ中期経営計画2020」において、コンテンツの強化ならびに総合メディア戦略の推進を掲げ、今後は、オリジナルIPの開発を強化し、多面的にビジネス展開していくことが重要であると考えているという。 今回、TBSの映像分野における制作力および媒体力と、DeNAが培ってきたマンガボックスのIT分野における編集力とマーケティング力を掛け合わせることで、コンテンツIPの創出並びにクロスメディア展開を行い、より豊かなコンテンツ体験を提供していく方針を示している。

【関連記事】