Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

理工系なのに「男っぽさ」が希薄 リケジョの楽園「芝浦工大」とはどのような大学なのか

配信

アーバン ライフ メトロ

男子学生のイメージからの変貌

 芝浦工業大学(江東区豊洲)は1927(昭和2)年、東京帝国大学大学院生だった有元史郎が創立した東京高等工商学校を前身に持つ、私立理工系の単科大学です。 【グラフ】8年間で12倍! 芝浦工業大学の「外国人留学生数」をチェックする  2006(平成18)年には豊洲キャンパスを開校し、同時に本部機能も移転しました。芝浦キャンパス(港区芝浦)と大宮キャンパス(さいたま市)の3キャンパス体制で、4学部16学科が学べます。  2010年前後は入試の志願者が2万~3万人で推移していましたが、ここ数年の志願者数は4万人を突破するなど少子化の中でも人気を集めています。  創立当初から社会貢献する技術者の育成を教育理念に掲げていることもあり、一般的に男子学生が圧倒的に多いイメージがあります。  しかし2010年代以降は積極的に女性教職員を採用し、女子学生も比例するように増加し続けています。  男子学生や教員が大多数を占めている理工系大学で、女子率をアップするためにどういった取り組みが行われてきたのでしょうか。

2015年「東京都女性活躍推進賞」を授与

 内閣府の男女共同参画局が2015年に発表した「女性活躍加速のための重点方針 2015」には、女性人材が少ない理系分野での育成に向けた取り組み方針が入っていました。  しかし芝浦工業大学は2012年、国の動きに先駆けて大学内で男女共同参画のためにヒアリングを実施し、翌2013年10月に男女共同参画推進室を設置しているのです。  2014年3月には、豊洲キャンパスで啓発活動も兼ねてシンポジウムを実施。推進室立ち上げ当初より大学を挙げ、女性が活躍できる環境作りに必要なものを発信するなど積極的に活動しています。  2012年度の女性教員の比率は6.2%、2014年度は10%、2015年度は12.3%、2019年度は18.5%まで上昇。国立大学の工学分野の女性教員比率が4.9%であることを踏まえると、芝浦工業大学の数値は突出しています。  こうした取り組みが東京都から評価され、2015年に第2回となる「東京都女性活躍推進賞」の教育分野で芝浦工業大学は受賞されました。

【関連記事】