Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

表現から学ぶ戦争、継承こそ「抑止力」 反戦画家の父の遺志を伝える四国光さん  ♯8月のメッセージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 原爆の悲惨さを描いた絵本「おこりじぞう」の挿絵などで知られ、2014年に89歳で亡くなった画家で詩人の四国五郎(しこく・ごろう)さんに関する企画展が国立広島原爆死没者追悼平和祈念館で開かれている。戦争と原爆を巡る壮絶な体験が生んだ作品に込められたメッセージは。反戦の思いをどのように未来につないでいくことができるのか。講演やメディアなどで四国さんについて語ってきた長男の光さんに聞いた。(共同通信=野口英里子)  ―没後6年間で、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館など全国22カ所で展覧会が開かれ、テレビや新聞などで特集されるなど、五郎さんの活動に再び注目が集まっている。  父が亡くなった途端、さまざまなことが一気に起こり始めました。作品を管理する遺族として、展覧会開催のお手伝いや出版、取材、番組制作、国内外の美術や歴史の研究者に協力をさせていただいています。先日は、米オハイオ州にあるオーバリン大のサイト内に、父の活動を紹介するページが開設されました。今後は広く平和教育などの教材として活用されることを期待しています。

 ―五郎さんは戦争への怒りや平和の尊さを表現した絵画を数多く残した他、被爆者本人が被爆体験を描くNHKの企画「市民の手で原爆の絵を」へ協力したり、広島市で毎年8月に開催される「広島平和美術展」(今年は新型コロナウイルスの影響で中止)を創設したりするなど、「反戦画家」として多様な方法で平和の重要性を発信した。  父は1924年、現在の広島県三原市で農家の三男に生まれ、10歳のときに広島市に引っ越しました。幼い頃から絵が大変うまく、画家になることしか考えていないような少年でしたが、経済的な事情から尋常高等小学校卒業後の14歳で働き始めます。勤務先は、現在解体問題で揺れている陸軍被服支廠(ししょう)でした。  父の人生を決定付けたのは、20代前半で体験した「三つの戦争」です。一つ目は、第2次世界大戦中の戦場と軍隊の体験です。20歳のときに満州(現中国東北部)に渡り、旧ソ連軍との激しい戦闘をくぐり抜けただけでなく、上官からの理不尽な私的制裁にも日常的にさらされました。毎回、顔の形が変わるほど殴られたそうです。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS