Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

劇団ひとり 好きな芸人3位「不祥事がないからかな」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

日経エンタテインメント!によるお笑い芸人人気調査の「好きな芸人」で、2019年の20位圏外から20年は3位に急浮上し、タモリと並んだ劇団ひとり。25~34歳女性のカテゴリーではサンドウィッチマンと同率1位に。この1年に一体何が起きた? 結果を本人にぶつけてみた。 「いや~、この1年を振り返って、目立つような活躍をした実感がひとかけらもないのでびっくりしてます。ロト6くらいの確率で、うまい具合に『ゴッドタン』のファンにアンケートが回ったんじゃないかなって(笑)。若い女性からの票が入ったんですか? それって(アンジャッシュ)渡部さんの票が流れてきたんじゃないですか? “浮気をしないキャラ”というか……それ、普通なんですけどね。今の芸能界ではそれさえもキャラになるのかって。とにかく不祥事を起こしていないっていうのが1番でかいんじゃないかと(笑)」 笑いたっぷりの謙遜モードだが、詳しく掘り下げてみると、様々な動きがあった1年だった。昨年10月にはMCを務める『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)がレギュラー化。ゴールデン帯のMCは何度も経験してきたが、これまでとは違った手応えを感じていると言う。 「確かに、この番組は大きかったかもしれないです。番組の性質上、司会しているだけで、ほんとは何も知らないのに賢く見えるというか(笑)。それと、子どもと一緒にテレビに映っていると好感度が上がると聞いたことがあるんで、それもあるのかな。ただ、そうやって好感度が上がって、来年もランキングに入りたいという気持ちが芽生えると、深夜番組での動きが鈍くなってしまいそうで……」 実生活では3児の父。その立場で笑いを取るか好感度を取るかの葛藤はある。親としての顔を積極的に見せないようにしているのは、こんな理由だ。 「好感度を気にすると、下ネタとかやっぱり言いにくくなるんですよ。なので、ファミリー層向けの仕事はバランスよくさせてもらってます。例えばですけど、おむつのCMに出てたら、『ゴッドタン』でキングコング西野のお尻に指を突っ込めなくなるじゃないですか(笑)。この1年に限ったことではないですけど、僕としては、お笑いの仕事がやりづらくならないよう見極めてますね」

【関連記事】