Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<冨永愛>ステイホームで“見せなかった”オフを公開 世界で活躍も「まだまだ途中」と未来見据える

配信

毎日キレイ

 17歳でニューヨークコレクションにデビューし、今年10年ぶりにパリコレに“復帰”するなど、世界を舞台に活躍するモデルの冨永愛さんが、「本麒麟」(キリンビール)のウェブムービー「冨永愛流 金賞5冠・本麒麟を家で楽しむ5つの法則」に出演。同ムービーで料理をする姿を初公開し、自宅でお酒を飲む際の“法則”も明かした。コロナ禍でのステイホーム期間を振り返り「充実していたような、何かどこかこう、体の一部が欠けたような感じでした。改めて仕事ができることのありがたみを実感しましたね」と率直に語る冨永さんに、ステイホーム期間の過ごし方や新たな生活様式に伴う変化について聞いた。 【写真特集】冨永愛、いつ見ても美しい…! この日のモノトーンコーデ、イヤーカフ、クリアデザインのシューズもすてき 全身ショットも

 ◇ステイホーム期間中は「ずっとジャージーで」 インスタのためのおしゃれが楽しみに

 これまで「オフの部分は意識的に見せてこなかった」が、ステイホーム期間中にはインスタグラムを日々更新し、インスタライブを5回も実施するなど、ファンと積極的に交流を図っていた冨永さん。

 その理由を「気軽に友達と会ったりすることもできない中で、私自身コミュニケーションの大事さを改めて感じて。せめてファンの人たちと交流できないかなあと思って始めてみたんです。もともと今年、ビューティーブック『冨永愛 美の法則』(ダイヤモンド社、1500円・税抜き)を発売したときに、サイン会とかイベントをやる予定だったんですが、コロナ禍で全くできなくなってしまった。だからこそ、少しでもファンの方たちと触れ合う機会になればいいなという思いもあったんですよね」と振り返った。

 中でもインスタライブは「私がしゃべって、視聴者からのコメントを読み上げただけなんですが、それでもちゃんとつながりを感じることができてすごく楽しかったし、本当にやってよかった」とにっこり。一方で「自分のお気に入りのアイテムもいくつか紹介したんですけど、週1ペースで(お気に入りアイテムが)見つかるわけでもないから、正直あの形をずっと続けていくのは難しい。果たして私がそれをやるべきなのかっていうのもあるし。これからも続けていくかどうかは、ちょっと分からないですね」と本音ものぞかせる。

【関連記事】