Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AIと私たちの暮らし【後編】 分析! 「かわいい」を数値化して売れ筋を読む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サイエンスポータル

 「かわいい」という言葉は使い勝手がいい。汎用性が非常に高く、赤ちゃんもパンダもチューリップも家もアクセサリーもスカートも、かわいいと言える。北海道大学大学院情報科学研究院の川村秀憲教授は、技術顧問を務めるITベンチャーINSIGHT LAB(東京都新宿区)と共同で、「かわいい」を数値化して分析し、商品の売れ筋を読む人工知能(AI)を開発した。

 まず、「かわいい」の意味を説明できるだろうか。これはなかなか難しい。「広辞苑(第7版)」によると、(1)いたわしい。ふびんだ。かわいそうだ。(2)愛すべきである。深い愛情を感じる。(3)小さくて美しいー。「新明解国語辞典(第6版)」でも確認してみよう。(1)自分より弱い立場にある者に対して保護の手を伸べ、望ましい状態に持って行ってやりたいと思う(気持ちを抱かせる)感じだ。(2)小さくて頼りない(弱々しい)感じがして親近感を抱かせる様子だー。なるほど、そう言われるとそうかもしれない。しかし、パンダや家は小さくないし、弱々しくもないから、「かわいい」には辞書にないニュアンスもありそうだ。

アパレル業界の余剰在庫を減らせる可能性

 「かわいい」が最も頻繁に聞かれるのは、アパレル業界ではないだろうか。形容詞というよりは、もはや洋服のテイストを表すファッション用語といえる。この「かわいい」を数値化して、ブランド戦略や商品開発に生かしたいと考えたアパレルメーカーの相談を受けた企業がINSIGHT LABだ。データサイエンスの技術でさまざまな企業の課題を解決している。川村教授らと開発したAIは、辞書の定義だけでは収まりきらない「かわいい」を分析する。

 洋服を説明するとき、無地・ドット・フリルのように柄や形状を示す語と、かわいい・こっくり・とろみ・ガーリーのように見た目のイメージを示す語がある。川村教授によると、「明確に定義も説明もできないけれど、感覚的にはわかるーー暗黙知と言ったりしますが、言葉にはできない<共通の何か>を人は感じ取っています。それはコンピューターで扱えるものなのか否か。人の感性をAIに学習させるとどうなるかという研究」なのだという。