Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゲーミングデバイスって必要? アイドルにしてガチゲーマー「フィロのス」十束おとはさんに聞いた

配信

PHILE WEB

最近、ゲーム人口が増えている。YouTubeでは有名人がゲーム実況をはじめ、PlayStation 5の情報はTwitterのトレンドを占拠。おうち時間が長くなったからこそ、前向きにエンタメを楽しもうという流れが加速してきた。とても良いことだと思うし、自分もゲームをプレイする機会が増えた。 アイドル×ゲーミングヘッドセット 普段はやらない、『Apex Legends』のようなジャンルにはじめて手を出してみた。わちゃわちゃしているだけで、最初は楽しかった。しかし、まぁ勝てない。フルボッコにされる日々。楽しいゲームで、ストレスが溜まる。 ネットで『ゲーム 勝てない』のように情報を集めてみると、「一日8時間やってから出直してこい」「エイムがクソだからでしょ」などのありがたい声。そんな当たり前のことは聞きたくない。ラクしたいんだこっちは。現実に目を背けていると、「ゲーミングデバイスで変わるよ」という意見が目に入った。 本当なら、欲しい。もちろん、劇的に変わるわけはないだろうけど、ちょっとくらいはマシになるのでは? でも、そんなことある? 悩んでいても仕方がないので、 “分かっている人” に聞いてみたいと思う。ガチアイドルにしてガチゲーマー、「フィロソフィーのダンス」十束おとはさん、よろしくお願いします。 十束おとは Profile: 加茂啓太郎がプロデュース、今年ソニー・ミュージックレーベルズからメジャーデビューが決定しているアイドルグループ「フィロソフィーのダンス」(フィロのス)のメンバー。公式で「ゲーム、アニメ、コスプレ、アイドルを愛する生粋のオタクキャラ」と紹介されている通り、自作PCを光らせ喜ぶ系の “ガチ” の人。おとはす。 十束おとはさん(以下、十束さん) フィロソフィーのダンスの十束おとはです、よろしくお願いします! ーー 今日はこのような企画に乗っていただきありがとうございます。十束さんはアイドルだけでなく、ゲーマーとしての顔でも知られていますが、ゲーム歴はどのくらいになりますか? 十束さん 姉がいるというのもあって、生まれたときからゲーム機が隣にありました。だから、ゲーム歴は約20年になります。プレステ(PlayStation)や64(NINTENDO64)などに移り変わってきたゲーム黄金期の1つを経験して育って、本当に人生がゲームとともにある、という感じです。 ーー ちなみに、その頃によく遊んでいたソフトは? 十束さん 『クラッシュ・バンディクー』や『スーパーマリオ64』が思い出に残っています。難しいけどクリアできた、という達成感を今でも覚えています。 ーー もっと和やかなタイトルが挙がってくるかと思いきや、割とアクション色が強いですね。 十束さん そのころから、敵に勝ったり、一緒に遊んでいる相手を倒すことに喜びを見出すタイプだったんです。今も対戦系が好きですね。PCはLoL(『League of Legends』)、スマホだと『クラッシュ・ロワイヤル』にハマっています。 ーー 武闘派だ。では、最近はそういったゲームをどのくらいの時間プレイしていますか? 十束さん おうち時間が増えてきて、一時期はずっと家にいたので、一日15時間ほどプレイする日もありました(笑)。最近はお仕事も復帰してきましたが、お休みの日だと一日の半分はゲームをして過ごしていますね。 ーー ゲーマーである十束さんにお話を聞こう、と始まった企画ですが、想像以上にガチで震えています。おうち時間が増えた影響はご自身のゲームプレイ時間以外に感じますか? 十束さん マッチング時間が短くなりましたね。あと、Twitterなどにガジェット系の写真を載せたら、これまではファンの方から「カッコいいね」といった声をいただいていたのが、「使用感はどうですか?」といった質問をいただくことが増えました。皆さんにゲームしたいという欲が生まれて、一緒にガジェットの需要も高まっているように思います。 ーー その方たちと同じ気持ちを僕も持っています。いよいよ本題ですが、ガジェット、いわゆるゲーミングデバイスは、使うと何か変わりますか? 十束さん ぜんぜん! ぜんぜん違います! 絶対に買った方がいい ーー そんなに。 十束さん ゲーミング用として発売されている製品は、ゲームがより快適にプレイできます。例えばゲーミングヘッドセットですと、遠くから敵が来た時にも分かりやすいですし、左右の感覚も掴みやすいんですよ。ゲーミング用かそうでないかで、大きく違います。好きなキャラクターのボイスをちゃんと聞きたいからゲーミングヘッドセットを選んだ、という方も知り合いにいますし、ボイスチャットでも味方の声が聞き取りやすいんです。ゲーミング用以外にもヘッドセットはありますが、ちょっと声が聞きづらいことがあって、コミュニケーションが円滑に取れるというのもゲーミング用の良いところですね。絶対に買った方がいいと思います。(早口) キーボードも、私はLoLをするのに浅い打ち心地が好きなんですが、ゲームをプレイするのに合った好きな打ち心地、というものをゲーマーの皆さんは持っているんじゃないかなと思うんです。文字入力に気持ちいい打ち心地、という基準があると思いますが、それをゲーム目線で選べます。やり込むならマウスも絶対に変えたほうが良いんですよ。手のフィット感、動かしたときの速さがまったく違うので、エイムも変わってくる。クリックの感覚も浅いや深い、連打のしやすさなどで選べます。あと、ゲーミングマウスって横にボタンがついていることが多くって、ショートカットを割り振れるので、とっさの行動が早く取れるようになります。(早口) それに、やっぱり光るのが最高! それも含めて世界観ができて、ゲームに没頭できるんです。光るヘッドセット、光るキーボード、光るマウスで完成。たぶん、勝率が違います!(ハイテンション) ーー はい(圧倒)。ゲーミングデバイスがめちゃくちゃ良さそう、というのが十束さんの熱量から伝わってきました。では、ゲーミングデバイスをこれから揃えよう、という場合はどれから手を付けていけばいいと思いますか? 十束さん 一番違いが分かりやすいし、見た目も “ゲームしてる感” が味わえるので、最初はヘッドセットを買ったほうがいいと思います。次は価格がお手頃なものが多いので、マウスで様子を見るのがいいのではないでしょうか。その次にキーボードですが、最初は安めのものがいいと思っています。きっと、どちらにせよ欲しくなって、後々3万円くらいのものに手を出してしまうから(笑)。最初は店員さんにこういうゲームがしたいです、と聞いてオススメされたものを買って、自分の好きな打ち心地などを知ってから、高いものを買った方が間違いがないはずです。 ーー 確かに。すごく参考になります。触って使いにくかったら「こんなもんか」と思ってもう買わなくなりそうですが、その時は別の使い心地のモデルを選べばいいわけですね。さて、具体的な製品の感想も知りたかったので、十束さんには今回、「SteelSeries」ブランドのゲーミングデバイスをしばらくお試しいただきました。まずはマウス「Rival 3」とマウスパッド「QcK Edge」の組み合わせはどうでした? 十束さん マウスは、とにかく軽くてビックリしました。滑り心地がキレイなんですが、逆にマウスホイールの表面は滑らずキュっと止まるので、正確で細かな操作ができます。スムーズな動きができるという点ではFPSをやる方にも向いているんじゃないでしょうか。長時間使用してもぜんぜん疲れないというのはすごく良いところだと思います。 マウスパッドですが、滑り心地がかなりあっさりしていて、抵抗感が少ない印象です。マウスパッドのなかには硬いものもあるんですが、どちらかというと柔らかい方に振っているのかなと思いました。生地感は薄いんですが、裏地の滑り止めが効いていて、荒ぶってマウスを操作してもマウスパッドが滑らないのが良いですね。あと、私はあまり部屋が広くないので、柔らかくて収納しやすいのも嬉しいです。 ーー ヘッドセットは「Arctis 3」をお試しいただきましたが、いかがでした? 十束さん まず見た目がとんでもなくかわいい!今まで見てきたなかで、トップクラスにかわいいです。プロゲーマーの方とかは写真を撮られることがありますが、このモデルも撮られる前提でデザインされているのかな、と思うくらい。耳あてクッションが柔らかいヘッドセットってそんなに多くない印象ですが、これは枕のようににフワフワで快適です。 マイクが収納可能だったり、ボタン1つでミュートにできるのも便利です。それに、ヘッドバンドで着け心地が調整できるヘッドセットは初めてだったんですが、これなら1人1人にしっかりフィットするだろうな、と感じました。あと、光るっていうのが、120点。 ーー 光ることの加算がすごい。キーボードは最上位モデルの「Apex Pro」を使っていただきました。 十束さん これは天才の発想です。 光る=モテる ーー どうしました? 十束さん 見た瞬間に大興奮! まずマットブラックのキーが高級感があって、これは安いキーボードでは絶対に出せない色だと思うんですよ。その時点で「最強!」という感じだったんですが、イルミネーションが変更できるのも良いですし、何より右上のモニターに好きなゲームのロゴが出せるんです。あまりにテンションが上って、思わずTwitterにあげてしまいました。これは皆さん買った方がいいです。 好きなゲームのロゴが浮き出るキーボードめっちゃかっこよくない!?!?テンション上がる… pic.twitter.com/JXPdsSjHAb— 十束おとは🎮フィロソフィーのダンス (@ttk_philosophy) June 2, 2020 ゲーム中に音量が変更できるのも便利ですし、アクチュエーションポイントも変更できます。私はLoLのために0.1秒でも反応を早めたいので、ぜんぶ「1」に設定してプレイしてみました。この機能はFPSだともっと重要になると思いますし、ゲームを極めたい方に向けて作られているな、と感じました。打鍵時に程よい反発があって、ゲームだけでなく、オフィスで文章を打つのにもいいんじゃないかな、と思います。 ーー かなり高評価で使いたくなってきました。でもオフィスで光らせていたら怒られそうですね。 十束さん 大丈夫です、光るキーボードで仕事をしていたらモテます! ーー 力強いお言葉、これは光らせざるを得ない。さらにスマホ環境では、AIR by MPOWブランドの「X5.1J」という完全ワイヤレスイヤホンを使ってみていただきました。こちらはどうでしたか? 十束さん この「完全ワイヤレスイヤホン」というかたちは初めて体験しました。見た目はシンプルですけど、高級感がありますね。イヤホン自体は少し大きいかな、と思いましたが、つけてみると私の耳にはジャストフィットして、ダンスの練習をしていてもすっぽりハマって外れませんでした。「これをやったら取れちゃいましたよ」と言おうと思っていたのに、本当に何をやっても取れなくて(笑) ーー (よかった) 十束さん 遮音性も高くて、電車内で周りの声が聞こえなくなったのにはビックリしました。好きなバンドの曲を聞いてみたら、これまで埋もれて感じていたベースの音が前に出てきたのもすごいですね。LoLで試してみたら、どうしても遅れはありますけど、許容範囲かなと思いましたし、そもそもFPSなどはワイヤレスイヤホンではあまり遊ばないですよね。これまでは有線じゃないといけない、と考えていましたけど、そこまでこだわらなくても良かったのかも、と今は思っています。 スマホゲームでも音は重要だと思いますし、音があるとないとでは没入感もテンションの上がり方もぜんぜん違います。使った方が絶対良いですよ。お値段もお手頃だったので、実は家族に1つ買ってあげました(笑)。コストパフォーマンスは二重丸です! ーー 言ってくだされば、差し上げましたのに(メーカーの人が)。ありがとうございます、かなり参考になりました。では最後に、僕のようなゲーミングデバイスに踏み出せない人にアドバイスをお願いします。 十束さん ゲーミングデバイスというとゲームが好きな人だけ、というイメージを持たれがちですが、そんなことはないですよ。普通に音楽を聴くのにも良いし、お仕事にも良い。好きなようにカスタマイズできて、日常生活を快適に過ごせるのがゲーミングデバイスの良いところですので、ぜひ好きなものを見つけて、素敵なPC・ゲーム・音楽ライフを送っていただきたいです! ◇ ◇ ◇ ゲーミングデバイスに関するお話を色々と聞いてみて、その導入に向け大きく気持ちが傾いた。操作性などが変わるというし、少なくとも「投資した分だけ練習しよう」という思いが、スキルアップにつながるはずだ。 それに、上手になれるかどうか、ということもそうだが、楽しそうに話す十束さんの姿から、「ゲームを楽しくプレイする」ことを思い出した。ゲーミングデバイスはもしかしたら、そういった純粋にゲームをプレイする気持ちを保ってくれるのかもしれない。 ・・・。 いや、やっぱ勝った方が楽しいな。いい大人がこれ以上ボコられてなるものか。ゲーミングデバイスで勝ちにいく。全部揃えよう。 (完) <十束おとはさんインフォメーション> ・隔週日曜日テレビ朝日レギュラー番組「フィロのス亭」放送中 https://www.tv-asahi.co.jp/philonos-tei/#/ ・毎週水曜日ニッポン放送「ミューコミプラス」番組内にて、「十束おとは自作PCの世界」放送中 https://www.allnightnippon.com/mcplus/

編集部:押野 由宇

【関連記事】