Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なくなった山城をアプリで再現!「西播磨の山城へGO」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 兵庫・西播磨に存在していた山城を3DCGで再現したARアプリ「西播磨の山城へGO」を、アプリケーションソフトの開発、IT関連サービスを提供するユーザックシステム株式会社がリリースした。  これは、兵庫県西播磨県民局が西播磨地区(赤穂市、相生市、たつの市、宍粟市、上郡町、佐用町、太子町)への誘客を目的として推進する「西播磨山城復活プロジェクト」の一環として、開発された。アプリ内では、かつて存在した山城を3DCGで再現したページや城の説明、また、特定の場所に行くと楽しめるARスポット機能を楽しむことができる。  3DCGの再現にあたって、過去の文献と実際に現地に赴いて、かつて城がどのような形で存在していたかを調査しながら開発に取り組んだ。3DCGを開くと、鳥が見ているような上からの視点で城を一望することができ、指でタッチすることで自分が見たい場所に視点を持って行ったり、ズームして外観の細かな部分を楽しむこともできる。  アプリリリース第1弾では佐用町にあった「利神城」を収録。今年度中の予定としては、相生市にあった「感状山城」と宍粟市にあった「篠の丸山城」の2つを計画している。  現地でこのアプリを使い、山城が存在していた当時を思い浮かべることで、今、見えている風景とはまた違った景色を楽しむことができるだろう。 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年7月21日放送回より

ラジオ関西

【関連記事】