Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

96%がリピーターの「北欧、暮らしの道具店」 編集者が考える「らしさ」の原点と心地よい世界観の作り方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

連載『WEB編集者の教科書』 情報発信の場が紙からデジタルに移り、「編集者」という仕事も多種多様になっています。新聞社や雑誌社、テレビ局などはウェブでも積極的な情報発信をしており、ウェブ発の人気媒体も多数あります。また、プラットフォームやEC企業がオリジナルコンテンツを制作するのも一般的になりました。 【画像】96%がリピーター「北欧、暮らしの道具店」とは ユーザーを引きつける心地よい世界観がここに 情報が人々に届くまでの流れの中、どこに編集者がいて、どんな仕事をしているのでしょうか。Yahoo!ニュース、編集プロダクション・ノオトとの合同企画『WEB編集者の教科書』プロジェクト。第8回は「フィットする暮らし、つくろう」をコンセプトに、等身大かつ心地よい世界観でファンを引きつけている「北欧、暮らしの道具店」。運営会社のクラシコムで、2016年から編集スタッフをしている寿山(すやま)さんに話を伺いました。読者の心に深く刺さり、また読みたいと思わせる記事は、どのような編集方針で作られているのでしょうか。(取材・文=有馬ゆえ 編集=鬼頭佳代/ノオト) 【読者とつながるECサイト「北欧、暮らしの道具店」の作り方】 ・お客さまは「私たちみたいな誰か」と考える。 ・私たちみたいな誰かが「フィットする暮らし」をつくるのを助ける商品や読み物を届ける。 ・暮らしの中で感じたモヤモヤや違和感に対して、新しい選択肢やユニークな視点を見つける。

お客さまは「私たちみたいな誰か」

2007年、北欧のヴィンテージ雑貨を販売する店としてスタートした「北欧、暮らしの道具店」。暮らし周りの道具やインテリア雑貨、オリジナルのファッションアイテムを扱うECサイトであり、読み物やラジオ、動画など、さまざまなコンテンツをもつメディアでもあります。 その特徴は、リピーター率の高さ。ユーザーアンケートでは、週1回以上はサイトに訪れるリピーターが全体の96%、そのうち72%はなんと毎日訪問するという結果だったんだとか。 「私たちスタッフはお客さまを『私たちみたいな誰か』だと考えています」と説明するのは、編集スタッフの寿山さん。 「商品やコンテンツを通して、お客さまの暮らしを居心地のよいものにするお手伝いがしたいと考えています。日々の暮らしでモヤモヤを抱えているとき、ある現実に直面して足が止まってしまったとき。少しの希望が持てたり、気持ちが明るくなったりするような新しいきっかけをお客さまと一緒に探したい、と」 現在、編集チームには約20人が所属。数あるコンテンツのうち、チーム全員が関わっているのは、販売するアイテムを紹介する「商品ページ」、暮らしのコツを紹介するコラムやインタビューなどの「読みもの」、そしてスポンサードコンテンツの「BRAND NOTE」だそう。「BRAND NOTE」は広告主の担当者も、「北欧、暮らしの道具店」の読者であるケースもあります。 インターネットラジオや動画も未経験の編集スタッフが試行錯誤で制作をはじめ、動画は今では専門知識を持つスタッフが中心となって制作しています。

【関連記事】