Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三山ひろしさんが高知家のアニキに!撮影秘話も・・・【高知】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高知さんさんテレビ

高知を全国にアピールする「高知家プロモーション」は今年で8年目。 新しいキャラクター高知家のアニキとして登場したのは南国市出身の演歌歌手・ 三山ひろしさんです。 2013年に移住促進を目的にはじまった高知家。 女優の広末涼子さんが高知家の娘として、県民の温かい人柄をアピールし… 5年目以降は、高知家の姉さんとしてタレントの島崎和歌子さんも加わり、 「高知」を猛烈に売り出しました。 その結果プロモーションが始まる前には、年間121組だった移住者は、 昨年度は1030組にまで増加しました。 新型コロナに見舞われた8年目の今年は原点回帰し、キャッチコピーは 1年目と同じ「高知県は、ひとつの大家族やき。」に決定しました。 (三山ひろしさん) 「今年は特にお盆に帰れなかったり家族と離れ離れになって 一緒になれなかったという方が多い。 離れていても家族だよと、心の通いあえる所が一つあるというのが大事」 さっそく長男として高知家の温かさを説いたアニキ。 最初の仕事となったポスター撮影でも、持ち前の陽気さで撮影現場を盛り上げ、 沈下橋をバックにしたポスターを完成させました。 しかし、撮影時にはちょっと困った事もあったそうで。 (三山ひろしさん) 「高知家の表札がものすごく重くて、今ニコやかな表情で 片手で持っているが、言っていいのかわかりませんが 誰か上を持っていたんです。もってくれないととても耐えきれないくらいの重さ」 そして、プロモーションの新たな旗振り役となった浜田知事は。 (浜田知事) 「広末さんが娘。島崎さんがお姉さん。三山さんがアニキとくると 年齢的には(私は)親父じゃないといけないのかなぁ」 親父さんにも期待していますよ!これまでにあわせて38万8千個が配布された 高知家ピンバッジもデザインを一新。 県庁や空港などで1つ100円で配布されています。

高知さんさんテレビ