Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

案里容疑者が失職・辞職なら「溝手氏も候補」 自民広島県連会長の宮沢洋一氏語る

配信

中国新聞デジタル

 自民党広島県連の宮沢洋一会長(参院広島)は27日、公選法違反(買収)の疑いで逮捕された河井案里容疑者(46)が失職や辞職した場合の参院広島選挙区の補選について、前回の参院選で落選した溝手顕正氏(77)も党の候補者になり得るとの認識を示した。福山市内であった、再選を目指す枝広直幹市長の事務所開きに出席後、記者の質問に答えた。 【動画】河井夫妻買収疑惑ダイジェスト  宮沢会長は、案里容疑者の秘書の裁判の動向などを見極めるとしつつも「(溝手氏が)候補者の1人だろうというのは頭にある」と述べた。まだ本人とは話していないという。  また、今回の大規模買収事件について「(現金を)受け取った側も事実関係を話すことが大事」とする一方、その出処進退については「それぞれが考えること」と述べるにとどめた。

中国新聞社

【関連記事】