Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台湾のエキスパートが案内!ランチにも使える「粥」2選|Mart

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

台湾フードのひとつ「粥」。今回はランチにもピッタリなボリュームたっぷりな粥を新旧交えてご紹介します。

教えてくれたのは...保谷早優怜(ほうや さゆり)さん

旅作家。全日空入社後、2度の台湾留学を経てトラベルライターに。All About台湾・台北ガイドは今年で13年目。著書「台湾・香港deワーキングホリデー」「幸せめぐり旅台湾」「台湾美食」など。

【TRENDY】かわいくてフォトジェニックな洋風お粥

(手前)檸檬ナイヤウ海鮮粥180元(約¥660)。レモンバター味の海鮮粥は、お粥なのに洋風。さらりとした味わいが海鮮にマッチしてます。(奥)冬瓜mojito80元(約¥290)はノンアルコール。台湾ではお菓子の材料にもなる、冬瓜のシロップでつくられたモヒートなんです。

アーツァイマー的芋頭粥100元(約¥370)。「おばあちゃんの芋粥」という名前のとおり、ほくほくとしたタロイモがやさしい味。豚ひき肉がご飯にとっても合うんです。

プレーンなお粥にピータンや白菜の漬物といった豊富なトッピングを組み合わせて、お粥をカスタマイズすることも可能です。

【Shop Data】

HUHA 創意粥品(フーハー チュアンイーヂョウピン) 台北市基隆路一段380巷1号1楼 営業時間:11:30~20:00  不定休(月5回程度) ※FBかIGでチェックを HUHAという店名は、アツアツのお粥をフーフーする呼(フー)と、冷たいものを飲んだときの哈(ハー)という言葉からきています。

【CLASSIC】台北ではなかなか食べられないお魚まるごと虱目魚(サバヒー)粥

(手前)台南の名物朝ごはん。魚肚粥130元(約¥480)はさらさらとしたお粥で、優しい味。虱目魚は傷みやすく、なかなか台北で食べられないのですが、こちらは毎朝、南部の港から運んでいます。(奥)プリプリの食感がクセになる魚丸湯30元(約¥120)

魯白菜30元(約¥120)は魯(ルー)と呼ばれるたれで煮た白菜。エビのだしが効いています。

甘辛な味の魯豆腐15元(約¥60)。台湾南部の朝ごはんの味を求めて、地元の人が次々と訪れます。

【Shop Data】

林記台南無刺虱目魚粥(リンジータイナンウーツーシームーユーヂョウ) 住所:台北市信義区中坡北路27号 営業時間:11:00~14:30、17:00~20:30 定休日:水曜

【関連記事】

最終更新:
magacol