Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日ハム杉谷、鷹川島と試合中に突然ジャンケン始める リプレー検証中の珍事にファン爆笑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

リプレイ検証中にジャンケンをはじめ、川島がチョキで勝つ

■ソフトバンク – 日本ハム(26日・PayPayドーム)  日本ハムの杉谷拳士内野手とソフトバンクの川島慶三内野手が突然、試合中にジャンケンを始めて話題を呼んでいる。 【動画】アウト、セーフかはジャンケン? 日ハム杉谷と鷹川島がリプレー検証を巡って繰り広げた白熱の勝負  26日、PayPayドームで行われたソフトバンクと日本ハムの試合で、この場面が起こった。4回のソフトバンクの攻撃中。三塁内野安打で出塁した川島が盗塁を仕掛けると、二塁ベースカバーに入った杉谷との間でクロスプレーになった。  判定はアウトとなったが、ソフトバンクの工藤公康監督はリクエストし、リプレー検証を要求した。このリプレー検証中に、アウトかセーフを決めようとしたのか杉谷と川島が突然ジャンケンを始めた。  川島がチョキ、杉谷がパーを出し、ジャンケンは川島の勝ち。この様子を「パーソル パ・リーグTV Lite」のツイッターが動画で紹介。ファンからは「何してはるんですかww」「わろた」「2人とも好きです」とコメントが。右手を掲げてガッツポーズしていた川島だったが、リプレー検証でも判定は覆らずに、アウトのままで盗塁は失敗に終わった。

Full-Count編集部

【関連記事】