Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エリザベス女王の孫ベアトリス王女夫妻、フランスでミニハネムーンを満喫中

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

べアトリス王女と夫のエドアルド・マッペリ・モッツィは、7月17日にウィンザーで結婚式を挙げた後、現在はハネムーンでフランスに滞在中とのこと。ただ、これは短期で控えめな旅行であり、8月にはさらに豪華な2度目のハネムーンに出かける計画だという。 【写真】ベアトリス王女とエドアルド・マペッリ・モッツィの愛の軌跡 王女とエドアルドは当初、ロンドンのセント・ジェームズ宮殿にあるチャペルで挙式、バッキンガム宮殿の庭園で豪華な披露宴を行う予定だった。だが、新型コロナウイルスのパンデミックにより計画を延期。規模を縮小した形で結婚式を挙げたことは、世界中を驚かせた。 2人の結婚式に出席したのは、王女の祖母エリザベス女王と祖父のフィリップ殿下、父アンドルー王子と母のサラ・ファーガソンなど、近親者と親しい友人たちおよそ20人。式の後にはさらに数人のゲストを加えてパーティを開き、花で飾られたテントの下で食事やダンスを楽しんだと伝えられている。 同誌は関係者の話として、この日のパーティについて次のように伝えている。 「結婚式より少し多くの人が出席していましたが、それでもとても小規模な、和気あいあいとしたパーティーでした」 「屋外でテントを張って行われ、結婚式と同じように、花をテーマにしたものでした」 出席者たちは遅い時間まで、教会から100メートル近く離れた場所に特別に設置された“グランピングポッド”でもパーティを楽しんだという。 8月の豪華な新旅行の行先はどこなのか、期間はどのくらいなのか、大いに気になるところ。

From Harper’s BAZAAR

【関連記事】