Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グーグルが普及する前、みんな何使ってた?

配信

ギズモード・ジャパン

今でこそ、たいていのことは「ググればわかる」時代だけど...。 1997年、最近お気に入りの映画『オースティン・パワーズ』のことを友達にアツ~く語るあなた。すると友達は「ランディ・クエイドが最高だった」と一言。あなたの頭のなかでは「あれ? 」と戸惑いつつ、話を聞いていたら友達がクリント・ハワードのことを言っていることに気づく。友達にそう伝えてみるも、お互い納得しあえず...。一日モヤモヤしつつ、家に帰ってパソコンを立ち上げてから40分ほど経過...「やっぱり、ランディ・クエイドは出演してないよ!」 2020年、Google(グーグル)が広く使われる前の時代、人々はどのようにして日常の疑問を解決したり、情報収集したりしていたのでしょうか? 専門家の意見を聞いてみましょう。

ウェブ・ディレクトリってのがあったんです

Amelia Ackerさん テキサス大学オースティン校インフォメーション准教授、モバイル・ソーシャルメディアプラットフォームにおける新たな情報オブジェクトの出現・標準化・保存に関する研究に従事。 Google Searchは、Yahoo、Bing、それからプライバシー主導のDuckDuckGoなどの検索エンジンを含む市場で90%以上を占有しています。しかし、Googleのパーソナライズされた広告主導の検索アルゴリズム以前には、トピックごとにウェブリソースを集めたウェブサイトディレクトリやインデックス付き検索エンジンがありました。 最も古いウェブ検索エンジンは、人々によってキュレーションされたウェブサイトのディレクトリでした。ウェブオントロジスト(Yahooでは「サーファー」と呼ぶ)は、特定のトピックに関するすべてのウェブページを読み、ランク付けをしていました。こうした人間主導の分類モデルは最終的に、ボット(スパイダーと呼ばれることもある)を使用してウェブサイトを廻るようになり、信憑性や関連性によりランク付けされるようになりました。 1990年代初頭には、WebCrawler、Lycos、AltaVista、Yandexなど約20種類の検索エンジンがありました。図書館のカタログと同様に検索エンジンのインデックスも、トピック、コンテンツ、構造、主題ごとにまとめられ、整理されていたものです。初期の検索エンジンは、ユーザーが「ニュース」、「旅行」、「スポーツ」、「ビジネス」などのさまざまな上位レベルのカテゴリにわたるハイパーリンクされたリソースのバンドルに移動できるように設計されていました。ユーザーは、青色のハイパーリンクに詰め込まれた幅広いカテゴリから選択できました。 1990年代のウェブ検索を振り返るうえで重要なのは、当時の「ウェブをサーフィンする」人々に向けられた目標やインセンティブがあったことです。初期のオンライン文化では、事実情報や製品を見つけることが検索の目標であるとは限りませんでした。その代わりに、検索エンジンは、人々がデジタルリソースを発見・探索し、ワールドワイドウェブを体験するのに役立ちました。1990年代のウェブ検索では、広告ターゲティングが少なく、ユーザーが探索しやすい環境でした。検索結果は初歩的で、ポルノも除外しきれていなかったんですけどね。 今日の検索体験と比較して、初期のウェブ検索はより探求的だったといえるでしょう。探求的というのは、GoogleやFacebookなどのプラットフォームからのパーソナライズされた検索結果が、ターゲット広告で利用されないかたちでコンテンツのナビゲートや発見が可能だったからです。このことの例を挙げると、たとえば「Small Town Boy」の歌詞を検索すると、当時ならJimmy Somervilleの最初のドイツのファンページが見つかったかもしれません。最近では、歌詞検索となると、LyricFind.comなどのウェブサイトから歌詞が抜粋されるようになっています。こうした探究的な体験から正確なアルゴリズム体験に移行すると、検索は日常的で比較的規範的なものになります。 Google検索では、思い通りの結果が得られるかもしれませんが、偶発的な機能の多くは失われ、初期のウェブ探索のように変なコンテンツに出会うというエキサイティングな経験は得られなくなってきました。 今日、「検索」というとインデックスの閲覧やウェブページへのアクセスというよりも、さまざまなコンテンツやユーザープロファイルを1つのストリームにまとめたフィードやアプリの情報をスクロールしたりスワイプしたりすることのほうを意味することが多くあります。あるいは、オンラインリソースから抽出された情報の断片として正確な回答が提供されることを期待しているかもしれません。FacebookやAmazon、App Storeなどのプラットフォームは、検索用語や閲覧習慣などからユーザーデータを収集することでプロセスをさらに収益化しようとしています。初期の検索エンジンと比べて、私たちは何を失ったのか自問するとしたら、Googleのような1つの会社に全世界のオンラインデジタル情報の検索を独占させなかった場合どうなっていたかをについて考えるべきかもしれません。

【関連記事】