Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

誰でも人脈を築くことができる。あなたのネットワークが日本社会を救うかも…?――マンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

配信

リクナビNEXTジャーナル

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田紀房先生の『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』です。

『エンゼルバンク』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。 名作マンガは、ビジネス書に勝るとも劣らない、多くの示唆に富んでいます。ストーリーの面白さもさることながら、何気ないセリフの中にも、人生やビジネスについて深く考えさせられるものが少なくありません。そうした名作マンガの中から、私が特にオススメしたい奥深い一言をピックアップして解説します。 (c)三田紀房/コルク 【本日の一言】 「自分を中心としたネットワークで人々をつなげて、大きなパワーに変えていこうとしているんですね」 (『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』第5巻 キャリア44より) 龍山高校の英語教師だった井野真々子(いのままこ)は、10年目にして仕事に飽きてしまい、転職を決意します。井野は、かつて一緒に働いていた弁護士の桜木建二(さくらぎけんじ)に相談。桜木は以前、経営破綻の危機にあった龍山高校で教鞭を取っていた時期があり、東大合格者を輩出することによって当校を救った救世主でした。 井野から話を聞いた桜木は、転職エージェント会社の転職代理人・海老沢康生(えびさわやすお)を紹介。井野は海老沢の下でキャリアパートナーとして働くことになりますが…。

“日本支配計画”の正体とは「逸材同士を人脈ネットワークでつなぐ」こと

井野が次に担当することになった転職希望者の桂木悠也(かつらぎゆうや)は、東大卒で一流商社に勤めるエリートです。 “自分は正しい”と信じて疑わない桂木でしたが、面接試験でまさかの不合格に。落ちた理由を聞くためにやってきた桂木に対して、海老沢が「君の優秀さを鼻にかけた態度が、落ちた要因だよ」、とズバリ指摘します。 海老沢は、井野に「僕の“日本支配計画”について説明してあげて」と言い残すと、次の約束で席を外します。桂木は、海老沢が何者かを知るために、井野とともに日本支配計画について知る岡本社長を尋ねます。社長は、「海老沢さんは新入社員のころから投資を始め、経済的自由を勝ち取った人。それが、あの自由な言動につながっている」と教えてくれます。 さらに、海老沢が岡本社長の会社に投資までしていると聞いた桂木は、ピンときます。「つまり日本支配計画とは、社長のような人を次々と誕生させることで、社会に大きなインパクトを与えよう、ということですね?」、と推理する桂木。あきれる井野をよそに、桂木の海老沢に対する興味は、ますます募っていくのでした。

【関連記事】