Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京五輪延期の余波はこんな所にも セーリング会場の江の島で起きていること

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 来年開催する東京五輪のセーリング競技は、神奈川県藤沢市江の島にある「江の島ヨットハーバー」で行われる。江の島は日本国内屈指の人気観光地として知られるが、日本セーリングの中心地と言える場所でもある。1964年東京五輪でセーリング(当時の競技名はヨット)の会場になった歴史に加え、日本初の競技用ハーバーでもあるからだ。  人気のヨットハーバーがゆえに数多くのヨットが置かれている江の島では、東京五輪の開催決定と延期を受けてちょっとした騒動が起きていた。(共同通信・山﨑惠司)  ▽600艇以上が移動  江の島には小型艇ディンギー約578艇と大型艇のクルーザー131艇が保管されている。全ての艇を江の島以外の場所に移さなければならなくなった。今年夏に開幕するはずだった東京五輪の会場整備をするためだ。  神奈川県内や東京都のハーバーなどで分散して保管することになり、今年1月から移動を始めた。ところが、ご存じの通り新型コロナウイルスが感染を拡大。影響で東京五輪を1年延期することが3月24日に決まった。

 この時点で、ディンギーの全艇に加えクルーザーのうち陸上保管されていた57艇の搬出が完了していた。一方、水上保管のクルーザー74艇は搬出作業が始まる直前に延期が決まった。  すると、江の島から自分のヨットを移動させたオーナーの中から「江の島に戻れないか」という声が、江の島ヨットハーバーを管轄する神奈川県に寄せられるようになった。  2021年7月23日の五輪開幕が近づけば再び移動することを前提とした希望に、神奈川県は対応。7月末の時点で、ディンギー578艇のうち、約200艇が戻っているという。  クルーザーはどうなのだろう。神奈川県の担当者によると、水上保管の74艇のうち、約30艇が江の島から出て行ったそうだ。一方、陸上保管のクルーザー57艇は保管スペースに仮設のオリンピック関連施設が設置されたため、全艇が一度は移転した。東京五輪の1年延期を受けて、神奈川県はオーナーの希望に応える形で仮設の関連施設を撤去。保管スペースが復活し、7艇が戻ってきた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS