Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【大井・帝王賞】国内無敗のクリソベリル、連覇狙うオメガパフュームら豪華メンバーが激突/レースの見どころ(地方競馬)

配信

netkeiba.com

 今年で43回を数える帝王賞。昨年のダート王クリソベリルをはじめ、ダート界の一線級が勢揃いした。栄冠を手にするのは果たしてどの馬か。主な出走馬は以下の通り。 ■6/24(水) 帝王賞(4歳上・JpnI・大井ダ2000m)  クリソベリル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年デビュー6連勝でチャンピオンズCを制覇しダート王に輝いた。今年初戦はサウジCに海外遠征して初黒星を喫したが、底を見せたわけではない。巻き返して、王者の力を改めて見せ付けたいところだ。鞍上は川田将雅騎手。  オメガパフューム(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)は始動戦の平安Sで59kgの斤量を背負いながら、力の違いを見せて快勝。目標のここに向けて好発進を切った。断然の適性を見せる大井2000mでGI/JpnI・4勝目を飾り、史上初の帝王賞連覇達成なるか。鞍上はM.デムーロ騎手。  ルヴァンスレーヴ(牡5、美浦・萩原清厩舎)は2018年のダート王で、これまでGI/JpnIを4勝。前走のかしわ記念は5着に敗れたが、長期休養明けで調子が戻っていなかったということだろう。一叩きされたここで復活を期待したい。鞍上はD.レーン騎手。  チュウワウィザード(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は1月の川崎記念を6馬身差で圧勝。浦和で行われたJBCクラシックに続くJpnI・2勝目を飾った。今回は上記3頭など強敵が揃ったが、安定感はこの馬も負けていない。C.ルメール騎手との初コンビで、昨年2着の雪辱なるか。  他にも、かしわ記念でJpnI初制覇を飾ったワイドファラオ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)、フェブラリーSとかしわ記念で連続2着のケイティブレイブ(牡7、栗東・杉山晴紀厩舎)、昨年の東京大賞典で3着のモジアナフレイバー(牡5、大井・福永敏厩舎)、重賞連勝中のストライクイーグル(牡7、大井・藤田輝信厩舎)、昨年3着のノンコノユメ(セ8、大井・荒山勝徳厩舎)らも戴冠を狙う。  発走は20時05分。

【関連記事】