Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

専門家が伝授する、今知っておきたいストレス太りの原因と解消法

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

仕事や家事、育児など、日々追われながら生活していると知らず知らずのうちに溜まっているストレス。何度もダイエットに挑戦しても減量できていないとしたら、ストレスが影響しているのかも。 【写真】有名医師が指南! おうちでできる“コロナ疲れ”を解消する11の方法 食欲コンサルタントでアスリートフードマイスターの村山彩さんは「ダイエット成功の秘訣は、ストレスを適切にケアすることです」と話す。SNS疲れや仕事、先が見えない不安でストレスを抱えている人が増えている今、ストレス太りの原因と解消法に迫る!

ストレス太りとは?

「ストレス太りの正体は、自律神経の働きが乱れ、食欲中枢の調整ができない結果、過食になってしまうことです」と村山さん。異常な食欲を感じたり、おなかがすいていないのに食べ続けてしまったりすることはない? ストレスは精神状態だけではなく、体の機能にも影響を及ぼすそう。

食べていなくても、ストレスで太ることはある?

食べていないのに、ストレスで太ってしまうことは、稀なケースだけれどあるみたい。「食べないことで、胃腸の機能が低下し、代謝が上手くいかず、むくんだり、便秘になったりすることはあるでしょう。また、自律神経がコントロールできなくなると、やる気が起きず活動量が減るので、1日の消費カロリーが少なくことがあります。その結果、食べていないのに体重が増加してしまうということが考えられます」と村山さん。 ここからは、ストレス太りの原因と傾向、解消法についてご紹介。

ストレス太りの原因は?

「原因は人それぞれですが、仕事のプレッシャーやダイエットなど体に関する悩みが多いです」と村山さん。最近では、SNS上で24時間、さまざまな情報や人間関係に囲まれ、ストレスを抱えている人も増えているみたい。 以下の項目に、いくつか当てはまる人はストレス太りの可能があるかも。チェックしてみて。 ・生活リズムが崩れている ・食事の栄養バランスが取れていない ・スマートフォンを見る時間が多い/寝る直前までスマートフォンを見ている ・睡眠不足である ・過度なダイエットをしている ・仕事や人間関係でプレッシャーを抱えている

【関連記事】