Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好きな場所でちょこっとBBQ。コンパクトに持ち運べるスーツケース型コンロ

配信

&GP

何も予定のない休日の朝、起きてみたら思いのほかのいい天気! 思わず「こんな日にBBQできたら楽しいだろうな~」なんて思うこと、ありますよね。ですが、たとえデイキャンプでも、思い立ってすぐ出かけるというのはなかなか大変。必要なアウトドアギアをあれこれ確認してクルマに積んで、食材を準備して、なんてやっていたらあっという間に小一時間経ってしまいます。 【コンロとして使用した様子はこちら】 もっと気軽にBBQしたい人にぜひオススメしたいのが、オランダ生まれのアウトドアグッズ、GUSTAの「Suitcase BBQ」(1万1000円~ 3月12日現在)。 その名の通り、スーツケースのようにコンパクトに持ち運べるBBQスタンドです。「思い立ったらその場でBBQ」が実現できる夢のアイテム、クラウドファンディング・Makuakeにて4月27日までプロジェクト実施中です。 まず畳んだ状態でのサイズは、W380×H250×D80mm。重さは約2.8kgで、上部に付いたハンドルを使ってトランク状に持ち運べるようになっています。 組み立て方は、本体下部に付いたスタンドを開いて使いたい場所に設置したら、パカッと開いて内蔵している専用目皿と焼き網を取り出し、本体内側にセットするだけ。あとは目皿の中に燃料となる炭などを入れて火起こしすれば、あっという間に準備完了です。 組み立てたときのサイズはW380×H230×D270mm。ソロキャンプ、あるいは2~3人でのデイキャンプ使えそうなサイズ感。大人数でのキャンプならコンロなど別の熱源と併用するのにちょうどいい大きさです。 ローテーブルなどの上にセットして使えるので、スキレットなどを載せてアヒージョやチーズフォンデュなどを卓上で調理するのもいいし、炙って食べたいモノだけを「Suitcase BBQ」で調理し、煮込みや炊飯はコンロや焚き火におまかせ、といった使い方もよさそう。 焼き網は、斜めにスライドさせて熱源から離すこともできるので、食材の焼きすぎを防ぐのにも、火力を調整するのにも便利です。 マットブラックの塗装もオシャレだし、軽量コンパクト。あらかじめ必要な量の炭と着火剤を入れてクルマに積んでおけば、あとは食材を調達するだけ。ピクニックやお花見、あるいは釣りやサーフィンのついでに、好きな場所でちょこっとBBQができますよ。

(文/&GP編集部)

【関連記事】

最終更新:
&GP