Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「9nine」村田寛奈、主演&主題歌の短編映画が期間限定で無料公開「大切な作品です」

配信

ENCOUNT

YouTubeチャンネル「#ひろろいろ」で毎週1本、欠かさずに弾き語り動画を投稿

 パフォーマンスガールズユニット「9nine」の村田寛奈が主演&主題歌を務める短編映画「たまには、大きな声で」が、期間限定で無料公開されることが発表された。 【動画】「9nine」村田寛奈が主演&主題歌を務めた短編映画「たまには、大きな声で」 「たまには、大きな声で」は、短編映画制作応援プロジェクトとしてクラウドファンディングを募り、184%の支援を集め、制作を行い、村田寛奈が自ら主演・主題歌を務めた作品となっている。ロケは神奈川県綾瀬市の全面協力で2月に撮影された。シンガーソングライターの女の子・慶子が、スランプや恋人との別れに悩みながらも、それを乗り越え未来を向いて歩み出していく物語だ。 「9nine」が活動休止になってから、音楽や演技の仕事に積極的に取り組んできた村田。2019年春から本格的に取り組み始めたアコースティックギター弾き語りのYouTubeチャンネル「#ひろろいろ」を開設し、弾き語り動画をこの1年毎週欠かさずに投稿してきた。そんな村田の姿に共鳴し、映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」などの監督を務めた柴山健次氏が、村田をモデルにした短編映画の脚本を寄せたことから、今回の企画が始まった。  村田は22日、「9nine」のメンバーと限定オンラインイベント「9nine online event 2020 ~ONLINEのON9NINE~」を実施し、大勢のファンから反響を得ていた。「9nine」としてファンの前に姿を現すのは活動休止後初であり、ライブ配信中にはグループ初期のエピソードを語るなど、感動と歓喜の声があがっていた。  緊急事態宣言解除後でも、家での楽しみを絶やさぬようにと、本来の予定にはない限定公開を決定。村田は「家にいる時間が、この映画で、少しでも楽しい時間になればいいなと思い、映画を公開することにしました。たくさんの方にたくさんの力を貸してもらい、支えていただきながら完成した大切な作品です」とコメントしている。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT