Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宝塚記念馬体診断】クロノジェネシス

配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(28日・阪神)  出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の竹原伸介(栗東)、佐野裕樹(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。 【写真集】G1馬体診断 宝塚記念出走馬の馬体をチェック  【クロノジェネシス B評価】  前走の大阪杯(2着)でも毛ヅヤは良かったが、皮膚の薄さが物足りなかった印象。それが今回は解消して、膝関節(しつかんせつ)付近や下腿(かたい)に血管がはっきりと浮き出ている。毛足が短くなり、毛ヅヤもさらに光沢が増してきた。  筋肉量がいくらか増えたこともあるが、馬体に張りが出て輪郭がはっきりした。以前のしなやかな体つきに比べると、馬体に迫力が出てきた感がある。欲を言えば、あばらがうっすらと見えてくるともっと良くなるが、1週前としては合格点以上だろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  〈1週前追い切り診断〉北村友を背に栗東CWで6F80秒7-37秒6-11秒7(馬なり)。レッドエーデル(3歳未勝利)を1秒5追走して0秒3先着、ラズルダズル(3歳未勝利)を3秒1追走して1秒1先着した。軽快なフットワークで最後まで余力十分の走り。最後は自らハミを取り、グーンと伸びた。状態はさらに上向いているようだ。

【関連記事】