Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鷹・栗原、スタメン獲り前進 特大弾に工藤監督「使うことを考えながらやっていく」

配信

Full-Count

バンデンハーク、高橋礼の先発ローテ候補もそれぞれ4回を投げる

 ソフトバンクは4日、京セラドームでオリックスと練習試合を行い、3-3で引き分けた。開幕スタメン獲りが期待される6年目の栗原陵矢捕手が5階席へと叩き込む特大弾を含む2安打と連日の活躍。工藤公康監督は「いい結果を残している以上、僕らも使うことを考えながらやっていきたい」と評価し、より一層、スタメンの座に近づいていることを示していた。 【動画】インコース低めをここまで飛ばせる!? ソフトバンク栗原が放った驚愕の特大弾の映像  2点ビハインドの3回に牧原、柳田の適時打で2点を奪って同点としたソフトバンク。6回に、前日3安打猛打賞と結果を出していた栗原が、K-鈴木から京セラドーム5階席に届く特大の勝ち越しソロを放った。第1打席にも右中間への二塁打を放っており、工藤監督は「見事でしたね。いい状態を保ってくれているのでこのままいってもらえたらな、と。いい結果残している以上、僕らも使うことを考えながらやっていきたいと思います」と高く評価した。  この日、先発のバンデンハークは初回に4本の安打を集中されていきなり2失点。ただ、2回以降は立ち直り、4回まで5つの三振を奪うまずまずの投球を見せて4回5安打2失点だった。指揮官は「1回を見ると、2回か3回くらいかなと思ったけど、その後まとめてくれた。最初の対外試合ということで緊張するところもあったでしょうし、ボール自体は良かったと思います」と振り返った。  2番手では、高橋礼が登板。8回に後藤にソロを許したが、4回を投げて1安打1失点、4奪三振と、今季初の対外試合ではまずまずの内容で工藤監督は「逆玉多かったけど、内容的には一番良かったんじゃないかなと思いますね。ああやって投げて抑えれば感じも掴めてくる。対外試合で抑えた方が自信がつくだろうし、今日の結果が次に繋がると思います」と語っていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

【関連記事】