Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「指がしなった!」「力がこもる」イケメン棋士・黒沢怜生五段が勇ましい手つきでファン魅了/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 ここぞという勝負どころで出る手つきが、将棋の棋士にとっても見せどころだ。プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」、決勝トーナメント1回戦のチーム三浦 対 チーム広瀬(7月11日)の第5局で、イケメン棋士として知られる黒沢怜生五段(28)が、気迫をこめた手つきで、ファンを魅了した。 【動画】イケメン棋士・黒沢怜生五段の指がしなった熱戦  黒沢五段はこの日、第3局で初登場。順位戦A級で、タイトル経験もある三浦弘行九段(46)と対戦し、力負けを喫していた。次の出番は第5局だが、なんと相手は同じ三浦九段。連続で強敵とぶつかることに「思い切って頑張っていきたい」と雪辱を期していた。  三浦九段について「本当にお世話になっていて優しい」と語る黒沢五段だが、プロの棋士として続けて敗れる姿を見せるわけにもいかない。得意の角交換からの振り飛車(四間飛車)を用いて、三浦九段の分厚い将棋に向かっていった。  形勢はやや三浦九段有利と見られた中、中盤・終盤と激しい技の掛け合いになったが、黒沢五段も振り飛車党らしく、相手の技に対する切り返しの妙を見せ、徐々に状況を打開。解説を務めていた藤森哲也五段(33)からも「気持ちと気持ちがぶつかりあっている」と言われるほどの好勝負を繰り広げた。  その中でも、ファンを魅了したのが黒沢五段の手つきだ。三浦九段の手に対して、読んでいたとばかりに指した際、駒をつまんだ右手の指がしなり、盤上にビシッ!さらには、その駒を盤にめり込ませるがごとく、ぐりぐりと力を入れた。この一連の動きに「かっこいい手つき」「しなった」「ぐりぐり」と、中継していたABEMAの視聴者コメント欄に声が殺到。さらに優勢、勝勢になるにつれ「勝ちましたって手つき」「力こもる」など、力強さが増していく様に、ファンの反応もどんどん大きくなっていった。  対局の結果も、黒沢五段の勝利。対局後は「この局は(内容の)善悪じゃなくて勝ちたかった」と、勝ちにこだわった結果だったと振り返ったが、その思いは言葉にせずとも、その手つきだけでも十分に伝わっていた。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。 ◆決勝トーナメント進出チーム  チーム渡辺、チーム永瀬、チーム康光、チーム三浦、チーム久保、チーム天彦、チーム広瀬、チーム糸谷

【関連記事】