Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープ中村奨成がプロ入り前に語った目標。「周囲に愛され、チームに必要な人間的に信頼される選手になりたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 2017年8月の第99回全国高校野球選手権大会から3年弱。甲子園の舞台で1大会の個人最多本塁打記録(6本塁打)を更新した中村奨成が、プロ3年目にして二軍で非凡な才能を開花させつつある。 【写真】中村奨成が子どもの頃に憧れたという前田健太のルーキー時代  今季は初の一軍春季キャンプを勝ち取り、ウエスタン・リーグで首位打者(7月20日現在、打率.366)を快走中だ。しかし、ここまでの道のりは平坦ではなく、多くの苦悩と向き合ってきた。はたして地元広島が生んだスター候補は、どのような過程を経て現在地まで辿り着いたのか。ここではドラフト1位指名の2カ月後に収録した、入団直前のインタビューを抜粋してお届けする。 (『広島アスリートマガジン』2018年1月号掲載) ─ 指名から少し時間が経った現在、どんな心境ですか? 「日に日に指名された実感が湧いてきています。正式に指名されてからは練習をしていても『さらにやってやろう』という気持ちになっています」 ─ ドラフト当日、会見場では表情が崩れませんでしたが、緊張はなかったですか? 「前日まではドキドキワクワクでした。指名していただいて緒方(孝市)監督がクジを引いてくれた瞬間、本当は表情に出したかったですし、笑顔でいたかったです。ですが、自分の中で『これで満足したくない』という思いと、『自分は今からがスタートだ』という思いがありました。先を見るではないですが、やってやろうという思いであの表情になったと思います」 ─ 地元広島出身だけに、やはりカープの試合はよく見ていたのですか? 「そうですね。小さい頃から野球がない日は家族や友達と旧広島市民球場、マツダスタジアムにも観に行ったりしていました。その頃は前田健太投手(現ツインズ)が好きでした」

◆男として真っ直ぐに正直に生きろ ─ 中村選手のこれまでをお聞きしたいのですが、野球を始めたきっかけは? 「小学1年生のときにスポーツがしたくて、悩んでいました。その時に少年野球チームの部員募集のチラシを見て、誰から誘われたわけではなく、やってみようと思って始めました。そのとき1年生は自分だけでした。ちなみにそれまでは、野球に限らず体を動かすことが大好きでした」 ─ 野球を始めたときのポジションはどこだったのですか? 「最初は全部のポジションをやっていたのですが、本格的にキャッチャーをやり始めたのは小学3年生のときです。自分からキャッチャーをやりたいですと言いました。グラウンドの中で一人だけ逆方向を向いていた部分に魅力を感じて、単純にそこに興味を持ちました。目立ちたがり屋でしたからね(笑)。野球を始めてからはいつも、上のステージで野球をやりたいと思ってプレーをしていました」

【関連記事】