Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一気に感染広がるリスクも…三密避ける避難所運営は 静岡・三島市で訓練

配信

静岡朝日テレビ

 新型コロナ対策は、災害時の避難所でも不可欠です。各自治体は訓練や備えを進めていますが、防災と感染症予防の両立という難しい問題に直面しています。  静岡県三島市で行われた避難所の開設訓練。想定するのは地震だけではなく、梅雨や台風シーズンの大雨による災害です。ただ、今回はこれまでの訓練とは様子が違います。 三島市職員たち: 「表も(フィルム)取れる」 「本当だ」 「だから見にくかったんだ」  初めて着用する防護服にフェースシールド。他にも避難してきた人の検温など、これまでにない準備に職員も戸惑います。  「三密」を避ける新型コロナ対策は、災害時にも求められています。多くの人が集まる避難所は、感染が一気に広がるリスクがあります。受付も距離を保って並ぶ必要がありますが、大雨の時は外に列を作ることはできません。  訓練では避難場所の体育館の中に設置せざるを得ませんでした。 杉沢洋佑記者:「学校が避難所になる場合、各教室に専用スペースが設けられる。濃厚接触者のスペースにはこうしたパーテション、発熱者のスペースには簡易ベッドが設けられる」  受付で熱のある人がいた場合は、教室に連れていきます。国のガイドラインでは1人1部屋が望ましいとされていますが、教室の数には限りがあるため、発熱者や濃厚接触者が多数いた場合の対応は大きな課題です。  さらに、こんな現状も。 三島市危機管理課 畠孝幸課長:「三島市は避難所に毛布が(1人あたり)1枚しかないという状況で、新型コロナの感染防止を図らないといけないということが出てきたので、思い切って購入を検討している」  市は毛布の他にも、今回の訓練で試験的に準備した簡単に組み立てられるパーテーションや簡易ベッドを、全ての避難所に用意するとしています。 三島市危機管理課 畠孝幸課長:「僕らも感染症の知識はほぼゼロですので、保健師にも来てもらって指導を受けて、いろいろなところで思い切って前進してみようというのは、コロナをきっかけにしたところがある」