Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

家計簿は手書きとアプリどっちが貯まる?プロが教える成果が出る方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

10月になり、新しく家計簿を新調する人が多い時季ですね。書店にもたくさん並び始め、次の年の家計管理をどうしていこうか考える人も多いのではないでしょうか? 家計簿の監修もしているファイナンシャルプランナーで節約アドバイザーの丸山晴美さんに、自分に合う家計管理の方法について教えてもらいました。

家計簿ってどのようにつけたら効果がある?自分にあった家計管理方法

10月になると書店には家計簿が並び始めますが、私が監修している「節約家計ノート2021」年版も今年で18年目を迎えます。とくにコロナ禍では収入や出費の変化があります。生活様式が変われば出費が変わるのも当然です。その都度、柔軟性を持たせて家計管理をすることが大切になります。ぜひ今年は家計管理の重要さについて考えていただきたいと思います。 今回は、自分に合った家計管理術の見つけ方についてお話します。

●家計簿の紙と電子どちらをつけたほうがいい?

家計簿と予算管理はセットになっています。計簿には大きく分けて2種類あり、紙と電子(アプリやソフト)があります。それぞれによい点があります。

【紙のメリット】 紙はお金の記録を書き残すことで、記録や記憶を流すことなく、出費と向き合いながら反省できます。また数字を客観的に眺めてみることで気づきにくかったムダを見つけることができます。瞬時にグラフ化することは苦手ですが、その日の出来事や食事などを日記のように記録できるよさがあります。 【電子のメリット】 電子の家計簿は、家計管理開始日や各費目の予算を入力しておくことで、使った金額から自動的に残金を計算して教えてくれたり、レシートをスマホのカメラ機能で撮るだけで入力や集計が簡単にできます。そして入力した情報をもとにどの費目が高いのかといった分析も、一目でわかるように工夫がされています。 クレジットカードなどのキャッシュレス決済の登録をしておくことで、キャッシュレスで支払った分も自動で反映されるものもありますので、複数のキャッシュレス決済を利用している場合は、管理がラクになるというのも電子家計簿のメリットと言えるでしょう 紙も電子にもどちらの家計簿でも言えることですが、ただつけて満足するだけではなく、赤字になる原因を分析し、予算の見直し、予算内でやりくりする方法を考え、お金を貯める。この作業を行うことで、家計簿をつける効果が出てくるのです。

【関連記事】