Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

その部下はどんなビジョンを持っているのでしょうか? 「一人のビジョンから組織のビジョンへ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Hello,Coaching!

今から10年ほど前のことです。私は前職の採用支援企業で異動を経験しました。異動先のチームはメンバーのモチベーションが高く、異動前の部署と比べると働く意欲に明らかな差がありました。当時はその理由を解明できなかったのですが、今振り返ってみると、それは異動先のリーダーが掲げるビジョンの差だったように感じます。

ビジョンを描くとは?

ビジョンとは何でしょうか。ビジョンとは、将来のあるべき姿を描くこと、将来の見通しをたてることと定義されます。 では、なぜビジョンを描くことが大切なのでしょうか。 たどりつきたい姿をよりはっきりさせればさせるほど、そこに到達するイメージがわいてきて、それまで見過ごしていたような情報が目に飛び込んでくるようになります。これを、心理学用語では「選択的知覚」といいます。行き先を決めれば、そこにたどり着くための情報を自然とキャッチできるようになり、目的地まで早いスピードでたどり着けるようになる可能性が高まるのです。 異動先の部長は、 「今までお手伝いできていなかった求職者の転職のお手伝いをしよう。 我々の手で中途採用市場をもっと活性化させて、事業部を大きくしよう」 というビジョンを掲げていました。異動したての私をはじめとして部署のメンバーの8割は1年以内に入社した人でしたが、部長から「あれをやれ、これをやれ」と言われたことは一度もありません。営業数字のトレースもありませんでした。 ただ、 「もっと多くの転職者のお手伝いをするために、どんな会社の求人を獲得したらいいか?」 「我々がたくさんの転職のお手伝いができるとその先にはどんな未来が待っているだろう?」 日々、部長からそんな問いかけをされました。 さらに、 「事業部が大きくなったら君にはどんないいことがある?」 私たち自身にも問いは向けられました。 1つの問いに対して私たちの答えは一人ひとり違いました。 「まだ転職を迷っている人でも受けたくなるような有名企業の求人を増やそう」 という声もあれば、 「大規模、小規模問わず、多くの会社の求人を載せて求職者が選べる状況にしたい」 「広告宣伝で認知度を高め、他社に相談に行く前にうちの会社にまずは来てもらえるようになりたい」 という声もあり、私たちはみんなでアイディアを出し合いました。

【関連記事】