Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

withコロナを乗り切る策は「マルチチャネルの強みの発揮」、ファンケルの2020年度戦略

配信

ネットショップ担当者フォーラム

通販、店舗販売、流通(卸)、海外などマルチチャネルで商品を販売しているファンケル。2020年3月期の連結売上高は、前期比3.5%増の1268億1000万円だった。 2020年度(2021年3月期)はマルチチャネルの特徴を生かし、通販を戦略チャネルと位置付ける。店舗の顧客を通販に誘導する機会と捉え、売上高は前期比0.1%増の1270億円を計画する。 店舗は4月下旬からほぼ全店が休業。一方、4月の通販売上高は前期比で2割伸長し、4月の通販売上高は過去最高を計上した。今年度は新型コロナの影響で店舗売上は前期比で79億円減少すると予想。基礎スキンケアを中心に、店舗の売上減少を通販でカバーしていく計画だ。 コロナ禍における逆境をチャンスと捉え、環境の変化を想定して新たな手を打つ。通販チャネルによる売上高が4割を占める特徴を生かし、2020年春は店舗会員アプリを利用してECサイトを案内。6月末まで送料無料キャンペーンを展開し、すべての店舗顧客に通販カタログを配布する。 通販を利用する機会を創出し、店舗と通販を相互利用する顧客を増やしていく。 化粧品・健康食品ともに、当初計画にはなかった新たな計画にチャレンジする。 国内化粧品では百貨店・専門店・ドラッグストアチェーンなど、小売直営のECサイトに卸販売を展開。大手ドラッグストアやコンビニ向けの専用品、PBの積極展開にも取り組む。 コロナ対策商品の開発にも着手する。国内健康食品では、生活習慣対策や免疫・疲れ対策サプリ、インバウンド需要の高い製品を開発し、積極展開する。 中国を中心とした海外化粧品は、ファンケルが独自に越境ECを通じて、基礎化粧品「AND MIRAI」を展開。中国の店舗顧客を対象にECのテスト販売も開始する。海外での健康食品では、「ビューティサプリ」を越境ECで販売するほか、青汁をECやテレビショッピングで販売する。 グループ会社のアテニアは今期、外部通販への取り組みの一環として、「Amazon」「LOHACO」に続く新たなECモールへの出店を計画。越境EC事業では、「スキンクリア クレンズオイル」に次ぐ柱として、「アイ エクストラ セラム」の取り扱いを強化する。 マルチチャネル展開の強みを生かし、化粧品は基礎スキンケアのユーザー数を拡大するほか、健康食品は定期購入を中心としたビジネスモデルへの転換を図る。継続性の高い顧客の育成を強化する。 外部通販では、モール内の広告・販促強化に加え、新たに総合モールやコスメ特化モールでの販売を行い、顧客との接点拡大を図る。