Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダウンロード2900%増、チャットアプリの勢力図激変?欧米で人気爆発「Houseparty」のインパクト

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

3月ダウンロード数が2900%増加したチャットアプリ

外出自粛が続く中、チャット/オンライン会議アプリを使ったコミュニケーションが広く浸透している。日本で人気なのは、ZOOM、スカイプ、LINEといったところだろう。 ZOOMとスカイプは海外でもダウンロード数が増加。ファイナンシャル・タイムズが伝えたSensorTowerのデータによると、3月2~9日週、ZOOMのダウンロード数は約150%、スカイプは約60%ほど増加。 ビジネス向けとしては、CiscoのJabberとWebexの人気が高く、Jabberのダウンロード数は約200%、Webexも約150%の伸びとなった。このほか海外ではGoToMeetingやグーグルMeetなども100%以上の増加となった。

上記アプリのダウンロード数の伸び率はいずれも目をみはるものだが、これらの増加率を遥かに超えるアプリが登場し、欧米ではこのアプリの話題でもちきりとなっている。 そのアプリとは「Houseparty」。上記SensorTowerのデータによると、3月2~9日週でダウンロード数は500%以上増加。とりわけ、欧州各国でのロックダウンを機に、ミレニアル世代やZ世代の間で話題となり、ダウンロード数が爆発的に伸びた。 3月15~21日週、スペインにおける同アプリのダウンロード数は前年同期比2360倍、イタリアでは423倍増となった。英国におけるダウンロード数は3月に1120%増を記録。また3月16日、iOSアプリストアのダウンロードランキングで17カ国で1位を獲得するなど、破竹の勢いでユーザー数を増やしている。 ファイナンシャル・タイムズが伝えたAppAnnieのデータによると、3月16~22日週、同アプリのダウンロード数は200万回と前月の週間ダウンロード数である13万回から大幅に増加。PocketGamer.bizなどによると、Housepartyの3月単月のダウンロード数は1720万回。前月比では2900%以上の増加になるという。

【関連記事】