Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支えるフジモンの献身ぶり

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 木下優樹菜(32)の芸能界電撃引退発表の翌7日の朝のこと――。木下の元夫でお笑いタレント藤本敏史(49)は7歳と4歳の娘の面倒を見て、幼稚園に送迎していたという。 【関連】木下優樹菜 急転直下“引退宣言”で嘘も噂も一度リセットか? 「都内マンション前に集まっていた芸能マスコミの直撃取材を受けた藤本さんが口を開くことはありませんでしたけど、子どもたちを守っていくのは自分しかいないという覚悟がその表情から読み取れるようだったそうです」(マスコミ関係者) ■離婚後も積極的に育児に協力  昨年大晦日の離婚発表後も同じマンションの別フロアで暮らし、偽装離婚とも報じられた2人だが、今回の引退劇については、元パートナーである藤本が「一度すっぱり辞めて、考え直したら」などとアドバイスし、木下に引導を渡したとされる。  今月1日に活動再開を宣言してからわずか5日での引退発表。木下の所属事務所の公式サイトに「信頼関係を維持することが著しく困難」と書かれていたことで、またぞろ木下にトラブルやスキャンダルがあったのではないかと臆測が乱れ飛ぶなか、藤本はあくまで「パパ」として、目線を家族に向けようとしているようだ。タピオカ店とのトラブルに加え、離婚前に不倫があったとの疑惑が取り沙汰されても、養育費を払い続けていくであろう藤本には、同情の声も少なくない。 ■実父が語った本音「芸能界はリハビリの場」 「年をとってからの子どもはかわいいといいますが、フジモンはまさにそれ。子煩悩で溺愛し、遊びに連れていったり、送り迎えから食事の世話まで、自ら面倒を見ているそうです。優樹菜さんにも、事あるごとに、口の利き方や大人としての振る舞いを教えてきた。以前、優樹菜さんのお父さんが『手の付けられないヤンキーで不良だった娘にとって、芸能界は稼ぐ場所ではなく、リハビリ、更生の場所』と語っていたのを覚えています。『そこで少しでも人として磨かれ、まっとうになってくれたら、そんなうれしいことはありません』と。フジモンはそんなお父さんの思いも受け継いでいるのではないでしょうか」(藤本を知る芸能記者)  子どもを送った後、藤本は都内スタジオでテレビ番組の収録に参加。いつもと変わらない様子で仕事をこなしたようだ。  木下が恫喝めいたメッセージを送ったタピオカ店には直接の謝罪もなく、店のオーナーが木下を相手に損害賠償を求めて提訴し、木下のもとに訴状が届いているとの報道もある。芸能界からの引退を発表しても、これまでに起こしたトラブルからも全て幕引きとはいきそうにない。 「藤本さんはこれからも木下さんに寄り添い、トラブル解決にも尽力する覚悟を固めているのかも知れません」(前出の記者)  藤本は2010年に木下と結婚。当時、17歳年下のアイドル妻と並ぶ姿は美女と野獣といわれたものだ。離婚してもユッキーナを献身的に支えるフジモンはリッパだ。

【関連記事】