Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風前は大型シーバスのチャンス!? 安全確認の上、いざチャレンジ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 朝晩が涼しくなり、だいぶ秋めいてきた。とはいえ、海の中はまだまだ海水温は高い状態が続いているので、この秋の内に一つか二つは台風が発生するのではないかと推測している。餌釣りや船釣りの方々は台風が発生したと聞くとがっかりされる方が多いと思うが、筆者のように岸からシーバスを狙うアングラーにとって台風は必ずしも悪者ではなく、大物が釣れるきっかけともなり得る。もちろん豪雨や暴風で家屋などに被害が及ばないという前提があるのはいうまでもないが。 (久保田剛之) ◆荒れる水中でうまく動けないバイトの小魚  シーバスの活性が上がる気象条件としては海の波が上がる、雨が降るなどが挙げられる。台風が発生すると、その両方の気象条件が満たされることに。もちろん台風が最接近している時は危険すぎて釣りをすること自体が自殺行為だ。台風が近づいてきて最接近する2日~4日前の波が少し上がり始めた、雨が降り始めて川が濁り始めた、という時が最も条件が良いといえる。  なぜ、このような気象条件で活性が上がるのかというと、波が少し上がると餌となる小魚はその波に足を取られて泳ぎにくくなる。一方、シーバスは身体が大きいので多少の波でもその泳力には影響が出ないので、シーバスが小魚を狩りやすくなる。  川も同様で濁りが入れば大きな魚体を隠してくれるし、流れが強くなれば、やはり体の大きなシーバスの遊泳力に大きなアドバンテージになる。ゆえに波や雨というのはシーバスゲームにとってはプラスに働くのだ。  10月7日、筆者は相模川に釣行。この時点で進行速度の非常に遅い台風14号は南大東島の沖合をゆっくりと進んでいた。勢力としてはそれほど大型ではない台風だったが、速度が遅くずっと似たような場所に居続けたせいで、遠くに居ながらも相模湾の波が上がり始めていた。  湘南・西湘エリアの釣り人にとって御用達のWebサイトに「平塚観測塔」がある。平塚沖の観測ブイで波・潮の速度・風・風向きなどを1時間ごとの更新で表示してくれるサイトなのだが、そこの数字ではこの時は波高が160センチ以上。ナギの状態で40センチ以下の表示なので、なかなかの荒れ具合だ。  しかし160センチ以上の波があれば本来、河川内にも波が侵入してきてウネリなどを感じるのだが、この日の河川では周期の長いウネリは感じることができたが、数値のような波があるようには感じなかった。この夜は1匹60センチ台のシーバスを釣って手短に終了とした。 ◆高台から10分ほど波を観察した後に準備しキャスト開始!数投めに…ガツン!!沖でエラ洗い  10月8日、ノロノロ台風14号は前日よりも少しだけ近づいたがまだまだはるか遠く。それでもこの日の平塚観測塔のデータも前日同様160センチ以上を示していた。そして前日同様の強い北風。ひょっとすると台風の波はこの強い北風に相殺されているのではないかと思い、この夜は仕事帰りに砂浜を見に行ってみた。  いきなり砂浜に降りては危険なので、しばらく高台の上から10分ほど波を観察していたのだが、やはり予想通り観測塔の数値のような波はない。数分に1回くらいウネリが入ってきており波足が少し長くなる程度。観測塔がエラーを起こしているのか、もしくは強い北風が沿岸の波を押さえつけているのか、いずれにせよベストコンディションだ。  準備をしてキャストを開始した数投目…「ガツン!」という感触とともに沖でエラ洗い。ヒット! 引きはそれほど強くなくスムーズに波打ち際まで寄ってきた。しかしそこからの粘りがすごい。ズリ上げようとすると突っ走る。寄せ波に乗せてなんとかズリ上げるとデカイ。そして太い! 砂浜に横たわったシーバスは89センチあった。  台風のシケ真っ盛りの時は絶対に釣りに行ってはいけないが、台風が沖縄周辺に位置している時は危険も少なく、大型シーバスに出会えるチャンスかもしれない。  ただし、必ず遠い位置から10分以上は海を観察した後に近づくことを忘れないようにしよう。 <タックル>【ロッド】 Tenryu SWAT 972S-ML 【リール】 Daiwa CELTATE4000LT 【ライン】 山豊テグス STRONG8 1号 【リーダー】 耐摩耗ショックリーダー20lb 【ルアー】 Megabass KAGELOU124F <久保田剛之(くぼた・よしゆき)> 2人の娘を持つサラリーマンアングラー。相模湾をホームグラウンドとしながら東京湾、駿河湾にも精通。メインはシーバスだが、どんな釣りでもこなす。大型シーバスに照準を合わせる「狙撃スタイル」を得意としており、2012年は110センチ、104センチのモンスターシーバスを仕留めた。ジップベイツほか数社のテスターを務める。

中日スポーツ

【関連記事】