Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山中に散乱する靴の謎…犯人はあの動物 今年も被害拡大「キツネの靴泥棒」 ねぐらに200足以上散乱 ”一味”?を激写/兵庫・丹波市

配信

丹波新聞

 山中におびただしい数の靴が散乱する。靴の持ち主は近隣住民たち。そして、”窃盗犯”は、あの動物―。2017年夏、兵庫県丹波市春日町黒井区で、野生の「キツネ」が民家の軒先などにある靴を盗み、ねぐらにくわえて帰るという“キツネ靴泥棒”を報じた。約3年が経過したが、程度の差はあれ、今も被害が出ているという。今年も住民から記者のもとに「靴を盗まれた」という情報が寄せられた。ねぐらとみられる山を確認してみると、ざっと200足以上が散乱。再び”事件”に迫った。

被害の住民「また靴回収に行かなあかん」

 「あぁ、今日もだれか盗まれとるわ」―。靴が散乱する山の近くに住む臼井靖則さん(64)は、今年もそうぼやく。ある日、午前3時ごろに目が覚め、ふと外に出てみると、街灯の薄明りの下、キツネが“獲物”をくわえて目の前を走り去っていったという。  数年前、地元の自治会長を務めていた際、地域で靴がなくなる事案が頻発。当初は誰かのいたずらという説がもっぱらで、被害を駐在所に届け出た人もいたという。  「キツネの犯行と分かり、『軒下に靴を置かないで』と回覧した。その手前、大きい声では言えないけれど、うちも何足か盗まれたんやけどね」と頭をかく。  臼井さんによると、昨年、近くで3匹ほどのキツネが車にはねられ死んだという。この山のキツネかどうかは分からないが、「今年は少なくとも2匹いるのを確認した」と証言。年4回、自治会役員がねぐら周辺に散乱する靴を回収したこともあり、「今年も山に行かなあかんやろなぁ。キツネにはコロナは関係ないしなぁ」と苦笑いを見せた。

被害者を特定「私のです」

 記者が現場に到着すると、ねぐら周辺を中心に大量の靴を確認。子ども用、大人用を問わず、スリッパ、運動靴、ブーツ、野球ボールまである。新品同様の靴もちらほら。とりわけ目立つピンク色のスリッパが目に入り、近づいてみると、「食品加工科」の文字とともに、手書きで女性の名前が書いてあった。この低い山の向こう側にある高校の生徒のスリッパだ。  今年3月に同高校を卒業したという”被害者”のAさん(19)は、ねぐらから500メートルほど離れた場所で暮らしていた。スリッパの写真を見せると、「私のです」と笑った。  Aさんによると、卒業後、自宅の庭で家族が履くために勝手口付近に置いていたところ、2足とも盗まれたという。「私はあんまり履いていなくて、なくなったことも気付かなかったくらい」と話し、「こんなことで取材を受けることがびっくり」とほほ笑んだ。

【関連記事】