Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「これこそが民主主義」 首班指名選挙、参院でも“異例の1票” 当事者の女性議員2人を直撃

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 16日に行われた衆議院の総理大臣指名選挙では、菅義偉氏が314票を集め第99代内閣総理大臣に選出された。そのほか立憲民主党の枝野幸男氏(134票)、日本維新の会の片山虎之助氏(11票)、希望の党の中山成彬氏(2票)の名前があがったが、「小泉進次郎君、1(票)」と読み上げられると場内にはざわめきが。この1票を投じたのは、NHKから国民を守る党の丸山穂高議員だったことがわかった。 【映像】「小泉進次郎君、1」にざわめく場内  一方、参議院でも同じような状況となっていた。国民民主党の伊藤孝恵議員(45)に1票が投じられたのだ。投票したのは、無所属の寺田静議員(45)。寺田議員は、安倍前総理の辞任が報じられた時から誰に1票を投じるべきかずっと悩んでいたと話す。

 「首班指名というのは会派ごとに首班指名で指名する方を決定するが、私自身が無所属の議員なので、従うべき方向性がない中でどういう方に思いを託していけばいいかと。あくまで私自身の考えに従って、自分の気持ちに曇りのない判断をしたいと思っていた」  考え抜いた結果、伊藤議員に投票することに決めた寺田議員。  「女性の方に総理になっていただきたいと。ついてはいろいろな問題意識を共有する、または解決の方向性が似ている伊藤孝恵さんにぜひ総理大臣になっていただきたいという思いで1票を投じた。子育てのこと、教育のこと、そして女性を取り巻く環境のこと。結局、この世代の女性の声が政治の場に反映されない限り、少子化の問題も解決していかないだろうと」

 「女性を総理大臣に」。寺田議員は、女性の国会議員が増える必要性を訴える。  「野党側は女性議員が増えているので、やはり与党、特に自民党の方に増えていないのが、女性が国会に増えていかない一番の大きな課題かと思っている。

■伊藤議員「これこそが民主主義」

 『ABEMAヒルズ』は、投票された伊藤議員にも話を聞いた。  投票の前日、寺田議員は「首班指名したい」と直接話をしに来たそうだ。「それはもうびっくり仰天、『私ですか!?』って」。実際に自分の名が読み上げられた後、周囲からは様々な言葉を投げかけられたという。

【関連記事】