Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大坂なおみ選手の黒マスク抗議、働く女性たちはどう思った?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

「スポーツに社会的発言を持ち込むな」は、実際どうなの?

テニスプレーヤーの大坂なおみ選手が全米オープンで2年ぶり、2度目の優勝を飾り、日本でも大きなニュースになっています。と同時にネットを騒がしているのが、大会中、彼女がつけていた黒いマスクの件。 人種差別の犠牲になった黒人の方々の名前が書かれた7枚のマスクはセンセーショナルで、試合後のインタビューで本人が 「いろいろな人がこのことを話題にしてくれると嬉しいです」と言った通りとなり、人種や民族差別の問題について、今まで一度も深く考えたことがなかったという人たちの中にも「ちゃんと自分の意見をもたないといけないな」と思い直した人がたくさん生まれたようです。 大坂なおみ選手が注目され始めた数年前、パワフルなプレイとは裏腹のシャイで愛らしい話し方はまさに少女で、全日本をキュンキュンさせるに余りあるものでした。しかし、今は、気持ちの強さとカッコよさも兼ね備えた女性に感じます。まだ22歳なのに、と言うと年齢に対する偏見のようですが、勇敢さを頼もしく思います。 ネットでは「黒人の暴動を扇動させる行為」「神聖なるスポーツに自身の社会的な意見を持ち込むなんて」「スポンサーの商品の不買運動必須」「応援してたけど嫌いになった」など、彼女の言動について攻撃する発言も少なくありません。ご本人も、そういった批判をする人がいることはわかっていたでしょう。その中で覚悟をもって我を貫ぬき、テニスでも世界一に。こんなカッコいいことがあるでしょうかって思うんですけどね。どうして素直におめでとう!!!って言えないのかな、悪口言ってないと死んじゃう病気なのかなって思ってしまいますが、「よその国の政治的な話にはまったく興味がないし、日本人だと思って応援しているのに、なんか難しい主張とかされると、全部がめんどくさく思ってしまう」(不動産会社勤務・34歳)という意見もあり、「よくわからないことは他人事にしておきたい」という気持ちいもあるのかもしれません。そのくらい、差別の問題は根深いわけですが。 また、「今回は、まっとうな意見だからいいけど、世界中のスポーツ選手がいちいちマスクでいろんな主張しはじめたら、落ち着いてプレイを楽しめないと思います」(自動車メーカー勤務・32歳)という意見も。それも正論なのかもしれません。続編では、引き続き、働く女性たちの意見を紹介します。続編に続きます。

【関連記事】