Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『わたどう』での姑役が怖すぎると話題に 観月ありさ、初の悪役で魅せる貫禄と恐怖

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 浜辺美波、横浜流星がW主演を務める日本テレビ系ドラマ『私たちはどうかしている』で、初の悪役を演じている女優・観月ありさ。横浜流星の母役、そして浜辺美波を“嫁いびり”する姑役の観月だが、その怪演に、見た目も演技も貫禄がすごいと話題となっている。 【写真】浜辺美波に背後から忍び寄る観月……  平成ドラマ界のエースとして活躍してきた女優・観月ありさは、今年2月に放送されたドラマ『捜査会議はリビングで おかわり!』(NHK BSプレミアム)で、29年連続、33作品目の連続ドラマ主演を果たし、今年もギネス記録を更新。令和のドラマ界も走り続けている観月が次に選んだ役が、初の悪役にして、21歳の子を持つ母親という新たな境地。母親役は、2005年の『鬼嫁日記』(フジテレビ系)や、2008年の『斉藤さん』シリーズ(フジテレビ系)、またドラマでサザエさんを演じるなど、小さい子供がいる母親役は何度も経験しているが、21歳の大きな息子がいて、嫁をいびる姑役を演じた記憶はない。  観月が演じるのは、椿の母で、光月庵の女将・高月今日子。夫の死後、老舗の暖簾を守り、一人息子・椿に店を継がせようと異様な執念を燃やす女性だ。名家から嫁を迎えようとした矢先、ヒロイン・七桜が転がり込んで来て事態は急変。七桜を追い出そうと、今日子の苛烈な嫁いびりが始まる。  「椿は実の孫ではない」と不貞を咎める発言からわかるように、大旦那は今日子に暗に不信感を抱いているようだ。椿の出生の秘密が、15年前の事件の真相に大きな関わりがあるのは間違いないだろう。観月は女将役だけに、常に着物姿で、基本は落ち着いた低音と命令口調で話し、身長が高いだけに凛とした姿が実にかっこいい。名家との政略的な椿の結婚式で、参列者を前にして突然椿と七桜がキスし場が混乱するのも、「この場は私にお任せいただけませんか」と収めてしまうのも納得の貫禄だ。  それだけにスイッチが入った時の怒りの形相が本当に怖く、別室に連れて行き椿にビンタをして「わがままもいい加減にしなさい! 恥ずかしい!」と鬼の形相で迫る圧倒的な存在感を魅せ、これまでにない観月の演技で一気に視聴者の心を掴む。  第2話では、七桜を追い出そうと今日子はさらにエスカレート。「通りゃんせ」を歌いながら籠の中の蝶を眺める猟奇的かつ静かな恐怖と、口答えする七桜に、花瓶を手に取り「疫病神!」と水をかけ、「よそ者はいらないの!」と、観月史上最低のドスの効いた声で言い放つ、その凄まじい迫力たるや。ただヒステリックになるのではなく、怒りが頂点に達した後に、大人の落ち着きを見せてからの爆発ーーこの緩急がさらにシーンに緊張感をもたらす。  これまでも『斉藤さん』のような、物事に動じない強い女性での怪演は見せたことがあったが、もはや鬼姑というレベルを超え、『極道の妻たち』や『大奥』に出てくるような重厚で妖艶な演技に、『ナースのお仕事』(フジテレビ系)など軽快なイメージが、歳を重ね、ここまで貫禄ある演技に繋がるのかと驚かされる。  このドラマは、老舗旅館ものなど、かつての昼ドラに多くあった、女将が嫁を厳しく教育していく作風や、80年代の大映ドラマのように、出生の秘密など、主人公が運命の悪戯に翻弄されながら幸運を手に入れるという、シンデレラストーリーを彷彿とさせる作風だ。しかし、それらと違うのは、ヒロイン・七桜が、最初から女将と真っ向勝負ということ。浜辺も『賭ケグルイ』(MBS・TBS系)で見せたように狂気の演技もできる女優なので、ベテラン相手に当たり負けしない。そんな浜辺に対して観月も、年、声、所作、表情の変化など、これまでにない重みがある演技と、登場するだけで緊張感漂わせる貫禄で対抗している構図が毎話の楽しみでもある。

【関連記事】