Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緊急事態宣言の期間中でも、選挙はあります!【5】京丹後市長選は、現新元職 4人による大混戦!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

4月19日に告示された京丹後市長選には、自民・立憲民主京都府連・国民民主・公明が推薦する現職の三崎政直(みさき・まさなお)氏(68)、共産党が推薦する新人の長砂浩基(ながすな・こうき)氏(56)、元職の中山泰(なかやま・やすし)氏(60)、新人の松本経一(まつもと・けいいち)氏(62)の4名が立候補しました。投開票は4月26日に行われます。 今回は三崎市政の是非、過疎化・高齢化が進む中での地域経済の活性化などが争点と考えられます。

高齢者から子どもまでが安心して暮らせる豊かなまちを。現職 三崎政直氏

三崎氏は旧大宮町口大野(現 京丹後市)生まれ、大阪商業大学商経学部卒業。1999年から2004年まで旧 大宮町議を、2008年から2016年まで京丹後市議を務めました。京丹後市議時代に産業建設常任委員長、議会運営委員長、議長等を歴任。2016年の京丹後市長選で初当選し、今回は2期目への挑戦となります。 三崎氏は政策「未来を拓く6つの戦略」を掲げました。 1 高齢者福祉と医療 ・医療過疎の地域を巡回する「移動診療車」の導入に取り組みます。(どこに住んでいても医療が身近なものに) ・丹後中央病院、ふるさと病院、弥栄病院、久美浜病院、福祉施設のネットワーク化など、医療、介護・福祉の連携、拠点づくりを行います。 2 子育てと教育 ・網野庁舎跡地に老若男女・子どもたちが交流し、町のにぎわいをつくる複合施設「コフーン」などを進めます。(子育て支援の子ども館、母親交流スペースなど) ・電子黒板やタブレットパソコンなど、ICT教育を更に進めます。 3 経済を活性化 ・織物・機械金属業など、地元企業の支援・振興対策を講じます。 ・産高連携の充実強化。高校卒業後の地元就職の増大に向け、制度設計などを進めます。 4 国・府との連携 ・豊岡市につながる山陰近畿自動車道の早期実現をめざします。 ・未来を見据えた新庁舎は、国・府・市一体型の総合複合施設をめざします。(市民みんながつどう新たなまちづくりの拠点に) 5 安心・安全 ・買い物弱者への支援対策をしっかり進めます。(移動販売体制・集落経営店舗開設への支援など) ・竹野川分遣所を文書に格上げし、消防車を充実配備します。(昼間の消防団員不足を解消) 6 豊かな自然環境と調和 ・はた織りなど、町の仕事や暮らしぶりの観光資源化をすすめます。 ・農業・漁業の高付加価値化で、美食のまちづくりを推進します。(食と食材、食文化をテーマとする観光)

【関連記事】