Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

父を日本兵に殺された元米兵が語る「和解の旅」  ベトナム反戦運動率いたスーザン・シュノールさん

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 日本ではあまり知られていないが、1960年代後半から70年代にかけて米国で大規模に繰り広げられたベトナム反戦運動には、多数の現役軍人が参加していた。当時20代半ばで海軍看護兵だったスーザン・シュノールさん(76)はその中心人物。サンフランシスコの米軍基地上空から民間機で反戦ビラを撒き、軍服を着て平和運動に参加したことで、軍法会議にかけられ有罪判決を受けた。それから約50年。スーザンさんは、平和を求める退役軍人団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」ニューヨーク支部代表としてこのほど来日した。「広島・長崎への原爆投下と、東京にナパーム弾を落とし10万人を死に追いやった事に、米国VFPを代表して謝罪します」。各地で行った講演や記者会見はこの言葉で始まったが、日本はスーザンさんの父を奪った国でもあった。(ジャーナリスト=舟越美夏)  ▽父は戦争に殺された ―20代から現在まで、一貫して反戦の姿勢を貫かれています。

 「振り返ってみれば、『戦争と死』に常に向かい合ってきた人生でした。父は1944年7月22日にグアムで日本兵に殺され、私は(当時乳児だったために)数枚の写真と手紙でしか父を知りません。母は父を思いよく泣いていましたが、私にとって父は永遠に不在なのです。そのことは私の娘にも影響を及ぼしています。しかし父は戦争に殺されたのであり、真の敵は戦争なのです。今回の旅では加害者として、また被害者として日本の皆さんと和解し、語り合いたかったのです。」 ―米海軍に属しながらなぜ、反戦運動を始めたのですか?  「1967年から69年までカリフォルニア州オークランドの海軍病院で看護兵として勤務しましたが、武力で平和は築けないという事実を決定付ける経験でした。搬送される兵士は17歳から20歳が大半で、手足を失い痛みに泣き叫ぶ、凄まじい光景でした。  軍人としてやるべきなのはこの戦争を終わらせることだと思ったのです。68年当時、月に3万5千人もが徴兵され、一般市民は戦々恐々としていたました。何千マイルも離れた遠いベトナムで起きている『自由を求める内乱』に米国がなぜ介入するのか、若者達は意味の分からない戦争に命を捧げるのは嫌だと感じていたのです。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS