Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

法相退任・森雅子氏に聞く 「歴代最多の答弁、怒濤の10カ月」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 法相を16日退任した森雅子参院議員(福島選挙区)は福島民友新聞社のインタビューに応じ、数々の問題に直面した在任期間を「怒濤(どとう)の10カ月間だった」と振り返った。  ―在任期間の振り返りを。  「前大臣の辞任に伴う臨時国会、カルロス・ゴーン被告の逃亡、黒川弘務元検事長の問題と、就任から退任までとにかく大変だった。過去の法相の中でも国会答弁が多く、予算委員会では、黒川氏の問題を巡って歴代最多の答弁回数となった」  ―肝いりで「法務・検察行政刷新会議」を発足させた。  「黒川氏の問題などを契機に、日本の刑事司法、法務行政制度を見直したいと考えた。法務省からは反発もあったが、立て直しと信頼回復に向けた会議体づくりを安倍首相に申し出た。人事に関する文書保存の規則化など、行政の透明性を高める必要がある。退任後も党内で法務省に関係する役目に就きたいと願い出る」

【関連記事】