Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダF1田辺TDインタビュー:現場作業に大きな支障はなし。戴冠に向け「パワーユニットをしっかり準備してきた」

配信

オートスポーツweb

 いよいよ開幕を迎える2020年シーズンのF1。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって長いブランクを挟むことになったが、ようやくレースが始まる。今年はホンダがアストンマーティン・レッドブル・レーシングにパワーユニットを供給して2年目のシーズンとなり、タイトル獲得の期待がかかる。 【写真】2020年F1第1戦オーストリアGP レッドブルリンクのパドックの様子  オーストリアGPには『スペック1.1』を投入することを決めているホンダだが、メルボルンでのレースが中止となってから、いったいどのような準備をしてきたのか。また、厳しい安全対策を実施している現場の状況はどうなっているのか。ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターに話を聞いた。 ────────── ──オーストリアに来る前にイモラとシルバーストンでテストを行ったはずですが、ここで使用されたパワーユニット(PU)は、開幕戦で使われる最新仕様だったのでしょうか。 田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):いえ、本来の開幕戦オーストラリア仕様でした。いわゆるスペック1をベースにしたものですね。今週末のレースでは、予定通り最新のスペック1.1を投入します。 ──信頼性とパフォーマンスの両方を向上させたものと聞いています。具体的には、エンジン本体に改良を加えたのでしょうか。 田辺TD:基本的には、ICEと呼ばれるエンジン本体ですね。コロナでのシャットダウンの影響もあって、何でもかんでも手を付けるというわけにはいかなかった。できる範囲で細かいところを、きちっと仕上げてきたという感じです。 ──イモラ、シルバーストンで最新仕様を試さなかったのは、やりたいけどできなかったのか、それとも試す必要はないという判断だったのでしょうか。 田辺TD:両方ともあくまでチームのフィルミングデーという名目でしたから、本格的なテストをする環境ではなかった。走行距離もたった100kmですしね。最新PUの基数自体もまだ限られたものですし、ベンチで確認すれば十分だという判断でした。 ──とはいえ信頼性確認ということなら、実際にサーキットを走らせたかったのではないでしょうか? 田辺TD:さっきも言ったように、100kmですからね。走って何が言えるか。初期不良がわかる程度だと思います。レースで使うPUそのものを持ち込んで走らせたら、安心感は増すでしょうけどね。  ただテストをする際のいろいろな制限が多く、スペック1に留めました。それでも基本的な作動確認はできたし、車体も含めたマシンパッケージ全体のバランスにまったく問題ないことも確認できました。 ──今週末、少なくとも信頼性の不安はまったくないということですか? 田辺TD:3月のメルボルンも結局1周も走れず、2月のバルセロナテスト以降まったく走っていなかったわけです。ここまで長いブランクのあとでのぶっつけ本番のレースというのは、誰も経験していない状況です。そこは例年の開幕戦とは、大きく違う。とはいえ現場での準備の進め方という点では、特に違いはないですね。 ──今回のコロナで各チームのスタッフ数は制限されていますよね。現場でどんな困難が予想されますか。 田辺TD:スタッフ数が絞られているという話ですが、実際にはクルマに関わる人数は60人で変わらないんですね(註:ホンダスタッフも含め)。なので特に支障はないと思います。  とはいえ対面での作業が、非常に制限されます。各チームはひとつ屋根の下という扱いで慎重にやれてるなか、アルファタウリとレッドブルの間を行き来しながら話を聴くというホンダの基本作業には、支障を来す恐れがある。そこはリモート会議や、電話でのこまめな連絡、あるいは2m以上離れて、かつマスクをしながら話したりとか、いろんな方法で対応している現状です。 ──ロジスティックは、いかがでしょう。 田辺TD:パワーユニットを現地に送ったり、とかでしょうか。できるだけ影響を受けないよう、余裕を持って送るようにしています。毎日飛んでた貨物便が、無くなったりとかしていますしね。これまでのところ日本と英国ミルトンキーンズ、現地サーキットの間で、問題は出ていないですね。 ──現場作業でもソーシャルディスタンスなどが求められますよね。パワーユニット交換など、通常より時間がかかる恐れは? 田辺TD:特に大きな支障はないですね。安全防具はもちろん付けてますし、PCR検査を受けて陰性と確認した上で、作業をしています。ミルトンキーンズのオフィスにしても、イギリスは2mが義務づけられているんですね。なので従業員同士のデスクを離したり、どうしても接近した作業の場合は間にアクリル板を入れたりしてます。 ──開幕戦に向けて出発前に、イギリスでレーススタッフと最後にミーティングをしましたか? 田辺TD:基本的にレーススタッフは自宅待機でしたので、それはありませんでした。ただ一斉メールを、送りました。身体に気をつけよう、コロナへの感染リスクも極力避けよう、そのためにチームの定めたルールを遵守する。レースを無事に開催することは、私たちの使命でもある。そしてそこで勝つことも使命ですから、その目的に向かって頑張りましょう。そんな内容でした。 ──レース開催数によって使用PU基数は変わってくると思いますが、現状は? 田辺TD:今のところは、まず2基のICE、2基のERSというのがでています。その後レース数が15戦以上になった場合は、ICEは3基になるでしょう。ERSは、規約上そのまま2基で決定ですね。 ──サーキットに来た際の個人的な印象、感想をお聞きしたいのですが、今までの見慣れた風景とはずいぶん違っていると思います。とはいえいざレースが始まってしまえば、そういうことは関係ないのか。あるいは大きな変化に、戸惑っているのでしょうか。 田辺TD:今はまだ木曜ですので、観客がいないことに関しては、特に大きな違和感はありません。例年でも、木曜日はこんなものですしね。ただパドックが本当に閑散としている。歩きやすいのは有り難いですが(笑)、当然寂しいです。 ──今年はレースでの優勝だけでなく、タイトル獲得への期待の声も大きい。田辺さんとしては、今まで以上のプレッシャーを感じていますか。 田辺TD:ここまで開幕戦開催が遅れて、先の見えない中で準備をしてきました。ただ普段に増してどうこうというのはなく、普段通りに現場に来ています。タイトル云々に関しては、それに向けてPUをしっかり準備してきましたし、チームも使える時間を有効に使って開発を進めてきた。トータル性能、持てる力を最大限に出し切って、戦いに臨みたいと思っています。 ──そうすれば、結果は付いてくると。 田辺TD:そこはいつものことですが、相手がいますからね。目指すところはもちろん優勝ですが、それは明日以降走り出せばおのずと見えてくるでしょう。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】