Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020SUPER GT第3戦レビュー|MOTUL AUTECH GT-R、ライバルを圧倒し2年ぶりの勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

新型コロナウイルスの影響により変則的なスケジュールとなり、駆け足のように進んでいる2020年のSUPER GTシリーズ。これまでの2戦は富士スピードウェイで開催されたが、第3戦は三重県の鈴鹿サーキットに舞台を移し、かつての鈴鹿1000kmを彷彿とさせるような灼熱のコンディションの中で激しいバトルが繰り広げられた。

今回もGTアソシエイションが出した方針に従い無観客での開催。特に鈴鹿サーキットはコースを囲むように大型の常設スタンドがあるため、今までにも増して“無観客でのレースをしている”と痛感する雰囲気だったが、その寂しさを掻き消すほどの熱いバトルがコース上では繰り広げられた。

ここまでトヨタGRスープラ、ホンダNSX-GTが速さをみせていたGT500クラスだが、第3戦で強さをみせたのは日産GT-R。なかでも予選2番グリッドを獲得した松田次生/ロニー・クインタレッリのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは決勝ではトヨタ勢、ホンダ勢を寄せ付けない走りを見せた。

特に圧巻だったのは前半スティントを担当したクインタレッリ。2周目にNo.38 ZENT GR Supra(立川祐路)の先行を許すものの“絶対に抜き返す”と諦めずに食らいついていき13周目のヘアピンでGT300に行く手を阻まれた38号車の隙をついて逆転に成功した。23号車の鈴木豊監督も「あのオーバーテイクがレースの流れを大きく変えた」と絶賛していた。

クインタレッリはそのままトップを走るNo.64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也)にも迫り、16周目のダンロップコーナーでオーバーテイクしトップに浮上。そこから順調に後続を引き離していく走りをみせた。そして後半スティントを託された松田も、セーフティカーの導入やGT300との混走によるペースダウンで何度か窮地に立たされるも、トップのポジションをきっちりと守り、23号車としては2年ぶりとなる優勝を飾った。

【関連記事】