Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク不足もビッグデータも“武器”「経済安全保障」ってナニ?要は覇権狙う「中国」への対策

配信

FNNプライムオンライン

「経済」と「安全保障」はなぜつながるのか

「経済安全保障」近年この言葉が我が日本の国益を守るために重要な政策の一つとして注目を浴びている。「安全保障」といえば、ぱっと思い浮かぶのは自衛隊などの“実力組織”だろう。しかしこれからの時代にこの国を他国の“侵略”から守るにあたって、「経済」の「安全保障」の重要性が、日増しに大きくなっているのだ。 今回は、この「経済安全保障」とは具体的にどういうことなのかについて“ゼロベース”で取材し、専門性や網羅性以上に、あえて「わかりやすさ」に重きを置いて取り上げていきたい。   今回話を聞いたのは、自民党の甘利明・元経済再生相が会長を務める「ルール形成戦略議員連盟」の事務局長を務める中山展宏衆院議員だ。この議員連盟ではこれまで約3年間、中国によるアジアからヨーロッパにかけての覇権的とも言える経済圏構想「一帯一路」を受け、日本の立場での国際規格のルールづくりなど経済安全保障戦略の構築に取り組んできた。そして2020年4月に発足したNSS=国家安全保障局の経済班創設にも関わってきた。

新型コロナ対策にも経済安保?マスク不足と経済安保はつながっている

まず中山氏に、そもそも経済安全保障とはどんなものなのか聞いてみると、一例として今回の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う“マスク不足”への対応に、経済安全保障の重要性が表れているという。 「例えばマスクでさえ外交上の戦略的なツールになっています。私たちに必要な物資が十分に供給されない、これもサプライチェーン(供給網)のサプライの強靱化、従来きちんと届いていたものが供給できない状況にどう対応するかを考えなければなりません。この物資供給や物流経済を安定的にすることもまさに経済安全保障の観点です」 ではマスク不足に関して、経済安全保障の面からは具体的にどういった戦略が考えられるだろうか。中山氏は続けた。 「マスクの生産はこれまで中国にほぼ委ねてきました。これを国内生産に戻していくのか、それともある程度備蓄するのか、あるいは生産拠点を中国じゃないところに移動させるのか、いろんな考え方があると思います。まさにそれが経済安全保障の一つで、その中に、中国に生産拠点を置いて供給されていいもの、逆に中国へ供給していいもの、この仕分けをするのも経済安全保障の大きな役割だと思っています」 このように、経済がグローバル化する中で、有事においてもマスクなどの必要物資を安定的に確保できるようにし、間違っても他国に足元をみられることがないようにすることも、経済安全保障の意義の1つなのだという。

【関連記事】